« Kobo: ダメ文字対策したdosfsckをキープする(修正:記事末尾参照) | トップページ | Kobo: FW4.6.9960アップデート »

2017年10月 2日 (月)

Kobo: koreaderがいつのまにか日本語化されていた

もちろん日本語縦書きepubが読めるわけではなく、メニューの表示を日本語にもできるようになっていた、という話。
自炊派にはいいリーダーだろうから、日本語化されると使う人も増えるのかもしれない。いつ日本語が追加されたのかはよくわからない。

使ったのは現時点での最新リリース。koreader-nightly-20170821 (v2015.11-1152-gabaa699)。
https://github.com/koreader/koreader/releases
リンク先を見るとわかるが、ファイルマネージャー画面(「ファイルブラウザー」)で本の表紙のサムネイル表示なんかが可能になった。

メニューを日本語表示にしてみたもの:
Koreader_jp01


日本語にするには、メニューを出し、ギアアイコン(?)から「Language」へ。下の画像の「言語」になっているところ。
Koreader_jp02
「前面ライト」とあるのは「フロントライト」のこと。日本語化したのは日本人じゃないのかも?
「微調整」のところも、「減少」「増加」よりは「大きく」「小さく」のほうがわかりやすいと思う。


Koreader_jp03
下のメニュー:コントラスト(ガンマ値)の変更もできるのが強み。


◎koreaderのアップデート
○手動でやる
1) defaults.luaを変更しているなら(ページめくり方向などなど)、変更部分をdefaults.persistent.luaに転記しておく。
2) ダウンロードしてzipを解凍。出てきたkoreaderフォルダを端末のものと入れ替えてやればいい(「KSMなしでkoreaderを使う」で書いたkoreader.shの修正はもう必要ない)。
で、defaults.persistent.luaを端末のkoreaderフォルダに突っ込む。


○ネットワークアップデート(OTAアップデート)
実験機のgloで試してみたら、Stable版ではアップデートはない、と言われた。とりあえず開発版にアップデートしてみたが(v2015.11-1276-g92e0067になった)、本当にStable版のアップデートができないものなのかはよくわからない。

1) defaults.luaを変更しているなら(ページめくり方向などなど)、変更部分をdefaults.persistent.luaに転記しておく(これでdefaults.luaがアップデートで上書きされても大丈夫、ということ)。
2) メニューの一番右「三本線アイコン」から「OTA update」 > 「Setting」 > 「OTA channel」と進むと、StableかDevelopmentが選べる。StableではアップデートできなかったのでDevelopmentを選択した。
3) 「OTA update」 > 「Check for update」
あとは待つだけ。再起動を促されたら完了。初回の起動はいつもより時間がかかった。

|

« Kobo: ダメ文字対策したdosfsckをキープする(修正:記事末尾参照) | トップページ | Kobo: FW4.6.9960アップデート »

kobo」カテゴリの記事

コメント

今年の2月ごろには既に日本語化されていたとおもいます

投稿: inudaisho | 2017年10月 7日 (土) 23時39分

そうですか。以前はkoreader-nightly-20170308を使っていたんですが、日本語のpoファイルはあっても、メニューの選択肢に日本語はありませんでした。それで、日本語化はできていないのかと思っていました。

投稿: soranoji | 2017年10月 8日 (日) 01時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/65865304

この記事へのトラックバック一覧です: Kobo: koreaderがいつのまにか日本語化されていた:

« Kobo: ダメ文字対策したdosfsckをキープする(修正:記事末尾参照) | トップページ | Kobo: FW4.6.9960アップデート »