« ドイツ語多読本: Roald Dahl: Die Giraffe, der Peli und ich | トップページ | ドイツ語多読本: Guido van Genechten: Es spukt nicht unterm Bett »

2016年11月24日 (木)

ドイツ語多読本: Eric Carle: Die kleine Spinne spinnt und schweigt

クモは糸をspinnenする生き物なのでドイツ語ではSpinne。とても単純。

Eric Carle: Die kleine Spinne spinnt und schweigt

264語

農場の柵、柵の縦棒と横棒が作る四角形、そこに巣を作るクモ。そこに次々に動物がやってきて遊びに誘うが、クモは黙々と巣作りを続ける。
と、幼児向け絵本なので話はシンプルな繰り返し。

左ページにウマやらウシやらがページをめくる毎に登場して(それからハエも1匹かならずいる)、鳴き声を披露、クモに話しかける。が、クモは無言(クモは鳴かないし)。

右ページには柵の四角形の中に巣を作っていくクモ。
最初は2、3本の線(クモの糸)が描かれるだけだが、ページをめくる毎に線が増え、しだいにクモの巣ができあがっていく。単純な線だけでクモの巣のきれいな形になっていく様子を追っていくのは、大人でも楽しいはず。単純にクモの巣の形は見ていておもしろいし。

左ページのいろいろな動物はカラフルで目に楽しいが、単に筆で線を描き、色を塗り、模様を描くという一般的な絵ではないところが特徴的。紙に色を塗って模様を描いて、それを動物の形に切り取って、白い台紙に貼り付けたように見える。
それも、頭や首、背中から足、また腹の部分など、パーツに分けて切り貼りしている。だから、動物をどういうパーツに切り分けで、どういう色や模様にし、それをどう貼り合わせるかという、工作的な楽しさが感じられる。ちょっと工作心をくすぐるところもエリック・カールの絵本の持ち味。


|

« ドイツ語多読本: Roald Dahl: Die Giraffe, der Peli und ich | トップページ | ドイツ語多読本: Guido van Genechten: Es spukt nicht unterm Bett »

ドイツ語児童書」カテゴリの記事

ドイツ語多読」カテゴリの記事

ドイツ語絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/64538025

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語多読本: Eric Carle: Die kleine Spinne spinnt und schweigt:

« ドイツ語多読本: Roald Dahl: Die Giraffe, der Peli und ich | トップページ | ドイツ語多読本: Guido van Genechten: Es spukt nicht unterm Bett »