« ドイツ語多読本: Martin Baltscheit: Die Geschichte vom Löwen, der nicht schreiben konnte | トップページ | ドイツ語多読本: Walko: Der Dieb in der Heide »

2016年7月21日 (木)

ドイツ語多読本: Ed Young: 7 blinde Mäuse

7匹の目の見えないネズミが妙なものを発見、1匹ずつ出かけて行っては探査報告をするのだが・・・。

Ed Young: 7 blinde Mäuse

230語

7匹のネズミの黒いシルエット。上に伸びた長い尻尾が特徴的。
表紙では黒いシルエットだが、本の中では赤、緑、黄、紫、青、オレンジ、白の7色のネズミ。

最初のページは黒い背景に、赤、緑、黄、紫、青、オレンジ、白の線が7本、画面下から斜め上に伸びているだけの絵。なんだろうと思ってページをめくると、7匹のネズミの尻尾だとわかる。黒い背景に色鮮やかな7匹のネズミが浮かび上がるという構図。全ページとも背景が黒なのは、目が見えないことを表しているのか。

目が見えない7匹のネズミ、池のそばに奇妙なものを発見。驚いて逃げ帰るが、やはり気になって、赤いネズミが月曜日に出かけていく。そして、赤いネズミが言うには、柱だ・・・。

ページの構成がどうなっているかというと、最初は、左に7匹のネズミ、右に大きなゾウの片足が描かれる。ページをめくると、左にネズミたち、右に赤のネズミに色を合わせてか、赤い大きな柱が描かれている。

同様の構成で、次の火曜日には緑のネズミが出かけていく。右に描かれるのは象の鼻。ページをめくると、緑色の大きなヘビ。緑のネズミはヘビだと主張する・・・。

こうして、水曜日には黄色のネズミ、木曜日には紫のネズミ、金曜日にはオレンジのネズミが出かけて行っては、バラバラの主張をする。それぞれのネズミがゾウのどの部分から何だと判断するのかは、絵本を見てのお楽しみ。

こうして意見の食い違いで口論になるものの、最後の日曜日、白いネズミが出かけて行って、みごとに謎を解いて、ゾウだと見抜く。さてどういう行動を取ったのか?

表紙を見ると黒いシルエットなので、本の中もそういう絵になっているのかと思いきや、黒い背景に7つの色が映えるカラフルな絵本。ゾウの体のどの部分を何に見立て、どう描いているかも見所。

|

« ドイツ語多読本: Martin Baltscheit: Die Geschichte vom Löwen, der nicht schreiben konnte | トップページ | ドイツ語多読本: Walko: Der Dieb in der Heide »

ドイツ語児童書」カテゴリの記事

ドイツ語多読」カテゴリの記事

ドイツ語絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/63946778

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語多読本: Ed Young: 7 blinde Mäuse:

« ドイツ語多読本: Martin Baltscheit: Die Geschichte vom Löwen, der nicht schreiben konnte | トップページ | ドイツ語多読本: Walko: Der Dieb in der Heide »