« ドイツ語多読本: Gus Gordon: Herman und Rosie | トップページ | Kindle:アップデート 5.8.1 & jailbreak関連 »

2016年6月16日 (木)

ドイツ語多読本: Tove Jansson: Mumin und der Geburtstagsknopf

"Mumin und das Lieblingsding"に続き、ムーミンの絵本。
子供にとっては一大イベント、児童書の定番とも言える誕生日の話。

Tove Jansson: Mumin und der Geburtstagsknopf

615語

朝起きて、「やった、きょうは誕生日だ」。ムーミンパパからは自作の誕生日の詩をもらい、ムーミンママからはピカピカの金色のボタンをもらう。

素敵なものをもらったら、人に見せて自慢したい、いいなあと言ってもらいたい、というのが人情。
そこでスナフキンのところへ見せに行くが、何やら忙しそうで相手にしてくれない。じゃあ、スノークのお嬢さん(Snorkfräulein:アニメだとフローレン?)なら忙しくないだろうと、彼女のところへ向かう。途中、スニフ(Schnüferl)に会うが、スニフも忙しそうで、顔も上げてくれない。そして、スノークのお嬢さんとミイ。この二人も貝殻集めやらで相手にしてくれない・・・。

当然、ムーミンはショック。誰も自慢のボタンを見てくれないし、誕生日なのにおめでとうも言ってくれない。しょんぼり家に帰って、ムーミンママに愚痴をこぼす・・・。

みんながなぜムーミンの相手をしなかったのか、その理由は? 
それが推測できてしまうところが残念だったりも・・・。児童書ではよくある展開、ストレートなストーリーで、その分わかりやすい。が、前の本のような印象的なところはないな、という感じ。語数もかなり少なくなっている。

|

« ドイツ語多読本: Gus Gordon: Herman und Rosie | トップページ | Kindle:アップデート 5.8.1 & jailbreak関連 »

ドイツ語児童書」カテゴリの記事

ドイツ語多読」カテゴリの記事

ドイツ語絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/63571636

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語多読本: Tove Jansson: Mumin und der Geburtstagsknopf:

« ドイツ語多読本: Gus Gordon: Herman und Rosie | トップページ | Kindle:アップデート 5.8.1 & jailbreak関連 »