« ドイツ語多読本: Polly Dunbar: Tilly und ihre Freunde - Der allerschönste Tag | トップページ | Kindle Oasis:allesebook.deのテストとレビュー、その他 »

2016年4月28日 (木)

Kindle Oasis 細かすぎてどうでもいい人にはどうでもいい情報

ちゃんとしたレビュー、テストはまだしばらくかかりそう。
発売前にアマゾンから評価機を入手していて、発売と同時にレビューを出したようなところは、アマゾンに遠慮してはっきり物を言っていないかもしれないし、もう少し使い込んでからレビューを出すところのほうが信頼できそう。

持ってないし、買う予定もないけれども、気になった情報を少し。

◯プロセッサはi.MX6のままらしい
http://www.ekesete.net/log/?p=8529

つまり、PW2(2013)からプロセッサは変化なし。Oasisへの興味は消えた。

i.MX7 Dualはいつどこが最初に採用するのだろう。
見ても素人なのでわからないけれども、i.MX7シリーズのファクトシート(PDF)

i.MX7ではバッテリーの持ちがよくなるって話もあるみたいだし、本体のバッテリーが貧弱になったOasisにこそ必要だったのかも。

koboは今新モデル出さなくていいから、秋・冬の新モデルでちゃんと進化と呼べるものを見せて欲しいな。


◯新フォントAmazon Ember追加
Amazon Ember: Neuer serifenloser Font für Kindle Oasis
(わかりやすい画像があるのでこのサイト)

といっても、5.7.xのFWですでに追加されていて、Oasisi以外のモデルでもホーム画面やメニューですでに使われている(日本語環境では日本語ゴシック・フォントが使われるので、見てない人がほとんどだろうが)。それが本にも使えるようになったという話。代わりにFuturaがなくなるようだ。

洋書でサンセリフのフォントで読む人にはいいのかも。
Bookerlyが読みやすいから、どうでもいいかな。それにどうしても使いたければ、jailbreakしてあるのでフォントの入れ替えは簡単にできるから、Oasisじゃなくても使えるし。


◯フロントライトが完全にオフになるらしい
これはユーザーの情報。
http://www.mobileread.com/forums/showpost.php?p=3307523&postcount=90
これまではjailbreakでもしなければフロントライトを完全に消すことはできなかった。


◯情報通りフロントライトのLED10個はサイドに配置
でも、問題のあるディスプレイも混じっているようなので、交換交渉の覚悟も必要か

・LEDの箇所がまるわかり、10個のスポットライトのよう。照明が不均一な個体の画像。
http://www.mobileread.com/forums/showthread.php?p=3307233#post3307233

・Voyageのディスプレイ問題はまだ残っているのか?的ディスプレイ
http://www.mobileread.com/forums/showpost.php?p=3307593&postcount=49

これをわかりやすく左右入れ替えた画像
http://www.mobileread.com/forums/showpost.php?p=3307663&postcount=63

Oasisは高いから、不良品だと思ったら遠慮せず交換でしょうねえ。

--

軽さと持ちやすさ、ページめくりのボタンに価値ありと思う人は買えばいいが、それ以外は無理に買うこともないだろう。
たぶん持ちやすいんだろうと思うが、バッテリーの弱体化との引き換えだし、バッテリー・カバー必須にして値段を釣り上げるという高級志向にはついていけない。基本性能もあがっているわけでもない。

あの物理ボタン、どうなんだろうねえ。あの突起で二流感出てない? あとけっこう音が出るらしい。
Voyageの感圧式は位置がわかりにくい、間違って押してしまう、ちゃんと押せたかわからない(だからフィードバッグの振動なんていらないものをつける)など、いろいろ不評なのかもしれないが、個人的には別に不都合を感じないんだよなあ。フィードバッグの振動もオフで使ってるし。

|

« ドイツ語多読本: Polly Dunbar: Tilly und ihre Freunde - Der allerschönste Tag | トップページ | Kindle Oasis:allesebook.deのテストとレビュー、その他 »

Kindle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/63550467

この記事へのトラックバック一覧です: Kindle Oasis 細かすぎてどうでもいい人にはどうでもいい情報:

« ドイツ語多読本: Polly Dunbar: Tilly und ihre Freunde - Der allerschönste Tag | トップページ | Kindle Oasis:allesebook.deのテストとレビュー、その他 »