« ドイツ語多読本: Lorenz Pauli / Katrin Schärer: Die Kiste (minimax) | トップページ | 電子書籍のドイツ語洋書は今のところ、ドイツのストアから買ったほうが安いかも・・・ »

2015年10月29日 (木)

ドイツ語多読本:Axel Scheffler: Die drei Wünsche (minimax)

Schefflerの絵による「長靴をはいた猫」に加えて、もう一つ有名な童話を。「三つの願い」。

Axel Scheffler: Die drei Wünsche

682語

表紙の場面は本の中にはないので、表紙用に創作したものか。

木こりの家族。奥さんと子供がいて、それぞれ豪華な馬車が欲しいとか、シルクのドレスが欲しいとか、おもちゃが欲しいとか、もっといい暮らしがしたいなあと思っている。

ある時木こりが木を切ろうとしたら、妖精が突然現れて、木を切らないでくれ、3つだけ願いをかなえてあげるから、と言う・・・。

それで家に帰ると、まだ食事の用意ができていない。お腹が空いたなあ、ソーセージが食べたいなんて、思ったら、暖炉からソーセージが飛び出してくる。家族はビックリ。木こりがことの次第を話して聞かせると、家族から非難の雨。なんてバカなの、ソーセージなんか、あんたの鼻にくっついちゃえばいいんだわ、と奥さん。すると、ソーセージが木こりの鼻にくっついてとれなくなる‥・。

とまあ、せっかくの願いを3つ無駄に使ってしまうという、マヌケな話。

構成は前と同じで、左ページにまとまった文章、右ページがイラスト。


|

« ドイツ語多読本: Lorenz Pauli / Katrin Schärer: Die Kiste (minimax) | トップページ | 電子書籍のドイツ語洋書は今のところ、ドイツのストアから買ったほうが安いかも・・・ »

ドイツ語児童書」カテゴリの記事

ドイツ語多読」カテゴリの記事

ドイツ語絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/61918268

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語多読本:Axel Scheffler: Die drei Wünsche (minimax) :

« ドイツ語多読本: Lorenz Pauli / Katrin Schärer: Die Kiste (minimax) | トップページ | 電子書籍のドイツ語洋書は今のところ、ドイツのストアから買ったほうが安いかも・・・ »