« ドイツ語多読本:Claude Boujon: Der feine Arthur | トップページ | ドイツ語多読本:Philip Waechter: Endlich wieder zelten! »

2015年5月20日 (水)

ドイツ語多読本:Max Velthuijs: Frosch im Glück

自分一人ならある意味しあわせでいられる。他人と自分を見比べると、いろいろ自分に疑問や不満も出てくる・・・。そんな自意識の落とし穴に落ちてから、そこを抜け出すまでのドラマ。

Max Velthuijs: Frosch im Glück

797語

水鏡に自分を映すカエル。ぼくはきれいだよなあ、誰よりもうまく泳げるし、跳ねられるし、緑は大好きな色だし、カエルだってことは世界で一番ステキなことだよ。

他者を知らない幸福状態のカエルにカモがやってきて言う。でも、君は飛べないだろ、と。
とうぜんカエルくんは飛べるわけもなく、がっかりして悲しくなる。

それで、ちょうどケーキを焼いている最中のブタに話を聞いてみる。ブタが言うには、別に飛べなくてもかまわない、他にできることもあるし、と。冒頭のカエルくんのように自分に満足しているブタ。

じゃあ、とブタのまねをして、自分もケーキを焼いてみるカエルくん。そして、失敗。
ウサギのところに行く。ウサギは本を読んでいて、じゃあ自分の本を読んでみようとするカエルくん。ところが、本も読めない・・・。

そして、涙するカエルくんにウサギが言う・・・・

カエルくんがしあわせを取り戻す理由はまあ、ごく当たり前のことで・・・。

|

« ドイツ語多読本:Claude Boujon: Der feine Arthur | トップページ | ドイツ語多読本:Philip Waechter: Endlich wieder zelten! »

ドイツ語児童書」カテゴリの記事

ドイツ語多読」カテゴリの記事

ドイツ語絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/61562611

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語多読本:Max Velthuijs: Frosch im Glück:

» 知らない幸せ [哲学はなぜ間違うのか]
幼い子供が一番人生を楽しめる。何も知らない。知ることが最高に楽しいときでしょう。子供のころは幸せだった、と私たちは思いますが、たぶんにそれは無知という特権、ものを知らなかったから幸せ、だったのでしょう。 ... [続きを読む]

受信: 2015年5月24日 (日) 20時13分

« ドイツ語多読本:Claude Boujon: Der feine Arthur | トップページ | ドイツ語多読本:Philip Waechter: Endlich wieder zelten! »