« ドイツ語多読本:Martin Ebbertz / Christine Brand: Glück und Pech eines Brustschwimmers | トップページ | Kobo、もう一つの新型、Kobo Touch 2.0 = Pika = 6インチ? »

2015年5月31日 (日)

ドイツ語多読本:Keiko Kaichi: Der Wolf und die jungen 7 Geißlein

グリムの「オオカミと7匹の子ヤギ」
たびたび紹介しているmineditionの絵本。出版社のページから全ページ見ることができる。

mineditionのページ
(表紙をクリック)
これが絵本デビュー作らしい。


Keiko Kaichi: Der Wolf und die 7 jungen Geißlein

993語

縫いぐるみのように愛くるしい子ヤギ、頭の形が個性的。毛の黒い部分がそれぞれ違う位置にあって、マフラーやら帽子やらで、何やらおしゃれ。

話は言わずと知れたオオカミと7匹の子ヤギ。
表紙からもわかるように、全体に青と緑の多い、おだやかな色合いで、目にやさしい。そして、毛のふわふわ感。

子ヤギは可愛らしく、お人形さんのようだが、オオカミはもっと生き生きしていて、絵的にはこっちも主役級。
お母さんのマネをするおどけた表情もあれば、大きな口にキバ、長い舌をベロンと出して、よだれまでだらだらと、やはり怖さ・気持ち悪さも残しつつ、最後は寝ている間に腹に石を詰められるまぬけぶりまで、飽きさせない。

文章はさっと見たところ、オリジナルのグリム童話と同じようだ。短縮・簡略化したり、やさしく語り直してはいないので、そのつもりで。が、ストーリーは知っているだろうから、まるでわからないということもないだろう。


海外での出版が先で、その後日本語訳が出る、という順番のようだ。
日本語版はこちら。
海一慶子: おおかみと7ひきのこやぎ

|

« ドイツ語多読本:Martin Ebbertz / Christine Brand: Glück und Pech eines Brustschwimmers | トップページ | Kobo、もう一つの新型、Kobo Touch 2.0 = Pika = 6インチ? »

ドイツ語児童書」カテゴリの記事

ドイツ語多読」カテゴリの記事

ドイツ語絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/61660480

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語多読本:Keiko Kaichi: Der Wolf und die jungen 7 Geißlein:

« ドイツ語多読本:Martin Ebbertz / Christine Brand: Glück und Pech eines Brustschwimmers | トップページ | Kobo、もう一つの新型、Kobo Touch 2.0 = Pika = 6インチ? »