« Kobo:FW3.15.0 アップデート & パッチ、スクリーンセーバー | トップページ | ドイツ語多読本: Mein großes Usborne Bildwörterbuch、もう1冊Bildwörterbuchを »

2015年5月 3日 (日)

ドイツ語多読本:Jutta Bauer: Opas Engel

お見舞いに行くといつもおじいちゃんは話を聞かせてくれる。暗い病室でベッドに横たわるおじいちゃんの話を聞く・・・。

小型絵本
Jutta Baurer: Opas Engel

223語

大型のはこっち

おじいちゃんの回想・・・
学校に行く途中に広場があって、そこに大きな天使像があったが、あまり気にも止めなかったと、かつての少年のおじいちゃん、何も知らずに天使像の脇を通り過ぎるが、その象から天使が抜けだして・・・。
これが表紙に描かれている場面。

ことあるごとに天使は少年を助ける。バスに引かれそうになったときには、必死にバスを押しとどめる、高い木から飛び降りたり、深い湖に飛び込んだ時にも、天使は助けに走る、などなど。だが、天使の姿は見えない。だから、少年は自分には勇気があるんだ、なんて呑気に信じられる・・・。

少年は大きくなっていき、さらに大人に。
ナチスの腕章をつけた大人をからかい、黄色い星をつけた友だちの不安も理解できず、その友達が突然いなくなっても不思議に思うばかりだったが、戦争が始まり、食糧難、戦後の生活難・・・。つねに天使はそばにいて手を差し伸べる。

結婚し、子供が生まれ、家を建て、やがて孫も生まれる。いつでも見守る天使の姿がそこにある。
そして、晩年「運がよかった」という感慨があるばかり・・・。
なぜなら、天使の姿は本人には見えないから。その姿を見ているのは本の読者だけ。

そして、ラストは病室に戻る。
おじいちゃんは疲れて眠ってしまったと思い、静かに部屋を出る少年。
でも、おじいちゃんの枕元には天使の姿。それは臨終の瞬間。

病院の外、夕暮れの広場はまだ明るく、温かい。いい一日だったと足取りも軽い少年。そして、その後ろをゆらゆらと天使がついていく・・・。

と、そんな印象的な場面で締めくくられる物語。

|

« Kobo:FW3.15.0 アップデート & パッチ、スクリーンセーバー | トップページ | ドイツ語多読本: Mein großes Usborne Bildwörterbuch、もう1冊Bildwörterbuchを »

ドイツ語児童書」カテゴリの記事

ドイツ語多読」カテゴリの記事

ドイツ語絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/61531661

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語多読本:Jutta Bauer: Opas Engel:

« Kobo:FW3.15.0 アップデート & パッチ、スクリーンセーバー | トップページ | ドイツ語多読本: Mein großes Usborne Bildwörterbuch、もう1冊Bildwörterbuchを »