« ドイツ語多読本:Cornelia Funke: Tintenherz | トップページ | ドイツ語多読本:Paul Maar: Robert und Trebor »

2015年3月28日 (土)

Kobo: H2Oを氷結させた後、氷をとかしたら動くのか、なんて実験

Kobo aura H2Oは防水・防塵だが、水没せて凍らせたらどうなるか、なんて物好きなテストをしたのは、allesebook.de。

PocketBook AquaというH2Oより先にでた防水の端末でテストをしているのを見て、H2Oでもやってみようと思ったそうだ。
PocketBook Aqua Withstands Being Frozen in Block of Ice (Video) にPocketBook Aquaの記事。


どうやら、H2Oも問題なく動いたらしい。
Experiment: Kobo Aura H2O im Eisblock eingefroren und wieder aufgetaut [Video]

テストの方法:
プラスチック容器に水をはり、H2Oを水没させて、冷凍庫(マイナス18度)に約16時間入れっぱなしにする。その後、取り出して室温で氷を溶かす。それから、水を拭きとってさらに30分置く。
H2Oは電源オフではなく、スリープの状態で凍らせた。(ドイツ語だが動画をみればわかるだろう)

allesebook.deが注目したのは、
・ディスプレイは大丈夫か
・タッチが赤外線方式なので、スクリーン周囲のセンサーに問題が出ないか
・寒いとバッテリー消費が激しくなるので、そのあたりは大丈夫か
だそうだ。

結果:
バッテリーはたった16時間で17パーセントも減少したが、なんということもなくスリープから復帰したし、それ以外も問題なく動作した、とのこと。

わざわざ凍らせる人なんかいないだろうが、冬、寒い所でも大丈夫そうなことはわかった。


|

« ドイツ語多読本:Cornelia Funke: Tintenherz | トップページ | ドイツ語多読本:Paul Maar: Robert und Trebor »

kobo」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/61350213

この記事へのトラックバック一覧です: Kobo: H2Oを氷結させた後、氷をとかしたら動くのか、なんて実験:

« ドイツ語多読本:Cornelia Funke: Tintenherz | トップページ | ドイツ語多読本:Paul Maar: Robert und Trebor »