« Kobo:楽天、OverDrive買収で、電子書籍が借りられるようになる? | トップページ | ドイツ語多読本:Cornelia Funke: Tintenherz »

2015年3月23日 (月)

ドイツ語多読本:Gabrielle Vincent: Ernest und Celestine suchen Simon

Ernest und Celestineの2冊目。

1冊目は「Gabrielle Vincent: Weihnachten bei Ernest und Celestine」

大きなクマにはお父さんのイメージ、小さなネズミには子供自身が投影されているのか、クマとネズミのカップリングの絵本。これもラストはクリスマスなのか?

Gabrielle Vincent: Ernest und Celestine suchen Simon

140語

表紙は、手をつないだErnestを見上げるCelestineに、それをやさしげに見返すErnest。日暮れ時の散歩の様子。Celestineが抱えているのがSimon、ペンギンのぬいぐるみ。

この縫いぐるみのSimonを落としてしまうことから、話は始まる。

縫いぐるみを探しに戻ろうとするCelestineに、もう夜になるからと言って、強引に家に帰るErnest。寝る時間になってベッドに入っても、まだ怒っているCelestine。Ernestはひとり家を出て、縫いぐるみを探す。

縫いぐるみは見つかるが、もう使い物にならない。そこでSimonに似たペンギンのぬいぐるみを探すが、店には売っていない。代わりにいろいろな縫いぐるみを買って帰るが、CelestineはSimonじゃないからダメ、と言うばかり。

そこでErnestは・・・、というストーリー。

子供らしい頑固さを発揮するCelestineに、粘り強く、温かく接するErnestはやはりクマのイメージにぴったりなのか。水彩のやさしい絵柄も目に温かい絵本。

|

« Kobo:楽天、OverDrive買収で、電子書籍が借りられるようになる? | トップページ | ドイツ語多読本:Cornelia Funke: Tintenherz »

ドイツ語児童書」カテゴリの記事

ドイツ語多読」カテゴリの記事

ドイツ語絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/61324833

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語多読本:Gabrielle Vincent: Ernest und Celestine suchen Simon:

« Kobo:楽天、OverDrive買収で、電子書籍が借りられるようになる? | トップページ | ドイツ語多読本:Cornelia Funke: Tintenherz »