« Kobo: 2015年新モデルのコードネームはpika、alyssum?(続き)海外の記事から | トップページ | ドイツ語多読本:Hildegard Müller: Ein Apfel für Weihnachtsmann (Aladin Verlag Bildbücherei) »

2015年2月14日 (土)

ドイツ語多読本:Axel Scheffler / Phyllis Root: Sam und das Meer (Mnimax)

ソフトカバーの絵本で値段も安めのBelz & GelbergのMinimaxから。

川辺に住んでいると自然に、川の流れ着く先はどこなのか、そこへ行ってみたいと思うものなのか、海を夢見るネズミの話。

Axel Scheffler / Phyllis Root: Sam und das Meer

744語

周囲に何も見えない大海原に乗り出したネズミ。これが物語のラスト・シーン。

毎日、海のことを考えているネズミのSam。昼間仕事をしている時は船乗りの歌を口ずさみ、夜、ポプラが風に揺れる音を波音に重ねる・・・。

そんなある時、帆船の図面の広告が新聞に。さっさく手に入れて、船を作り始める。
その工程がていねいに描かれていく。竜骨を削り、肋材をつけ、板を張り・・・。もちろん船がすぐに出来上がるわけはなく、夏になり、秋が過ぎ、冬が来て、と季節が過ぎていく中、Samは淡々と船を少しずつ作っていく。

と同時に、ご近所の動物たちの様子も物語られる。となりのおじいさんは、「そんなことより家の手入れとか、もっと大切なことがあるだろう」と言うし、近所のおばさんは「ネズミは海の動物じゃないんだから」なんて言いながらも、少しずつ船が出来上がっていくと、だんだんと心配になってくる・・・。

そんな、海に出るまでの経過を淡々と、でも、ていねいに温かく描いているところが気持ちのよい絵本。

|

« Kobo: 2015年新モデルのコードネームはpika、alyssum?(続き)海外の記事から | トップページ | ドイツ語多読本:Hildegard Müller: Ein Apfel für Weihnachtsmann (Aladin Verlag Bildbücherei) »

ドイツ語児童書」カテゴリの記事

ドイツ語多読」カテゴリの記事

ドイツ語絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/61133731

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語多読本:Axel Scheffler / Phyllis Root: Sam und das Meer (Mnimax):

« Kobo: 2015年新モデルのコードネームはpika、alyssum?(続き)海外の記事から | トップページ | ドイツ語多読本:Hildegard Müller: Ein Apfel für Weihnachtsmann (Aladin Verlag Bildbücherei) »