« 電子書籍専用端末、2014年のベスト・メーカーは?(ドイツのアンケート) | トップページ | ドイツ語多読本:Martin Baltscheit / Christine Schwarz: Ich bin für mich (Minimax) »

2015年1月 6日 (火)

ドイツ語電子書籍を借りる(無料): onleihe 電子図書館

海外では電子書籍の貸出があって、OverDriveというのが有名? 日本にも来る、なんて記事(「電子図書館プラットフォームOverDriveが日本へ」)もあるが、どうなるんだろう。

貸出というのは、各図書館が所有する電子書籍を貸し出すもののようで、利用する図書館のIDが必要。自国以外にもIDを発行してくれる図書館もあるようだが、手続きは面倒そう。epubだけでなく、kindle本も借りられるようだが。

ドイツにはonleiheというのがあって、インターネットで図書館の電子書籍が借りられる。どうせドイツ国内でしか使えないんだろうと思って、注意をしていなかったのだが、日本でもonleiheのサービスを行なっているところがあった。

東京Goethe-Institut ドイツ文化センター
「ゲーテ・インスティトゥート東アジア・オンラインライブラリー」
http://www.goethe.de/ins/jp/ja/tok/bib/onl.html
ここから申し込みができる。

オンラインライブラリーはこっち
http://www2.onleihe.de/goethe-institut/frontend/welcome,6a61-0-0-100-0-0-1-0-0-0-0.html

電子書籍だけでなく、オーディオやビデオも貸し出されているので、多読をしている人にはかなりありがたいはず。

もちろんDRMがかかっているので、専用のアプリ・プログラムを使う必要がある。PCやタブレット、電子書籍専用端末で利用できる。ただし電子書籍はAdobe DRM付きのepubなので、Kindleでは利用できない(タブレットなら可能かもしれない)。Koboの端末はAdobe DRMをサポートしているので、もちろん利用可能。

借りられるのは10タイトルまで。
貸出期間は、本は2週間、雑誌・新聞は1日とか2時間とかに決まっている。期間を過ぎると、読めなくなる仕組み。期間が過ぎて読めなくなったら、本を削除するだけ。


本を借りてKoboで読めるところまで、手順を。

◎登録手続き
1.上の「ゲーテ・インスティトゥート東アジア・オンラインライブラリー」の「オンライン登録手続き」のリンクから申し込みをする(ドイツ語になっていたら日本の旗をクリックして日本語に)
申し込みフォーム:http://www.goethe.de/ins/jp/ja/tok/bib/onl/onf.html

2.メールで「登録コード」(9桁の数字)と、以降の手順が説明されたpdfが送られてくる
「登録コード」は、次の「mein Goethe.de/マイ・ゲーテ」の登録に必要
後は添付のpdfを見ながら作業すればいい

3.「mein Goethe.de/マイ・ゲーテ」の登録
この「マイゲーテ」のページの、右側の「登録」へ
https://login.goethe.de/cas/login?service=https%3A%2F%2Fmy.goethe.de%2Fkdf%2Fj_spring_cas_security_check&ort=tokdeJP&locale=jp
(ドイツ語になっていたら、ページ右上のドロップダウンリストから日本語に変更を)
メールアドレスやパスワード等入力

4.確認メールがくる
メールに記されたURLをクリックすると、ログイン可能になる
登録したメールアドレスとパスワードでログイン

5.ログインしたら、「マイオンラインライブラリー」をクリックして、最初のメールにあった「登録コード」(9桁の数字)を入力

これで本を借りられる状態になった。


◎借りた本をPCで読むまでの手順
解説のpdf参照:
http://cms.onleihe.de/opencms/opencms/divibib-customer/common/ja/Nutzung_eines_E-Book-Readers.pdf

1.Adobe Digital Editionsのインストール
PCではこれを使って本が読める。また、Kobo等の電子書籍端末に本を転送するときにも必要。
ダウンロード:
4.0.2: http://www.adobe.com/jp/solutions/ebook/digital-editions/download.html
3.0/2.0.1: http://www.adobe.com/support/digitaleditions/downloads.html

Adobeのページの「インストール手順」参照(古いがこっちのほうがわかりやすいかも)
http://helpx.adobe.com/jp/digital-editions/kb/8409.html

2.インストール後、手順の説明にしたがって、
・Adobe IDを取得
・「コンピュータを承認」
の二つを行なうこと

これでPCでは借りた本が読める状態になった。

◎本を借りる(これは説明しなくてもわかりそう)
・オンラインライブラリーで好きな本を探す
・「図書館貸出カゴに入れる」をクリック
・「図書館貸出カゴ」のページから、「今貸し出し」をクリック
 これでダウンロードできるようになる
・ダウンロードされるのは「URLLink.acsm」というファイルで、これをAdobe Digital Editionsに読み込ませる(関連付けされていればAdobe Digital Editionsが起動する。あるいはドラッグ・ドロップで)。それで本そのものがAdobe Digital Editions内にダウンロードされる。

PCは以上で説明終了。

◎借りた本をKobo端末で読むまでの手順
本をただKoboにコピーしても読めない。Adobe Digital Editions経由でKoboに転送すること。

1.Kobo端末にAdobe IDの権限を与える
・PCにKoboをつないで、Adobe Digital Editionsを起動する
・「デバイスを承認」するかどうか聞かれるので、承認をクリック
Adobeのサーバーにつながって、Kobo端末が承認される

2.本を端末に転送
Adobe Digital Editionsの左側に「KOBOEreader」というようなアイコンができているので、そこに借りた本をドラッグ・ドロップ。

これでKoboでも読めるようになった。
Kindleでは利用できないから、Kobo持っていてよかった。

さっと見たところ、日本では入手できない(日本のアマゾン、楽天Koboで扱っていない)出版社の本もあるので、ちょっとよさそう。買わずに済む本も増えそうだし。
オーディオ、ビデオについてはそのうち借りてみるつもり。

iOSについては、「Onleihe アプリ利用ガイド – ステップ・バイ・ステップ」というpdfの説明が用意されているので、そちらを参照。

|

« 電子書籍専用端末、2014年のベスト・メーカーは?(ドイツのアンケート) | トップページ | ドイツ語多読本:Martin Baltscheit / Christine Schwarz: Ich bin für mich (Minimax) »

Mediathek」カテゴリの記事

ドイツ語多読」カテゴリの記事

コメント

いつも有益な内容が多く、参考にさせていただいています。以前からゲーテインスティテュートでドイツ語の本を借りて読んでいましたが、液晶画面で読むのは疲れるので最近koboH2Oを購入しました。しかし、当初はADE(adobe digital edition)から転送しても認証エラーが出て読むことができず、試行錯誤の後、なんとか読めるようになりました。すでにご存じかもしれませんが、参考になるかもしれないと思い,書き込みさせていただきます。
・ADEのバージョンが4の場合,kobo端末の認証済みになっているのに、本を転送して読もうとすると認証が必要というようなメッセージが出て開けない。
・ADEのバージョンを3に下げる必要があるが、それだけではパソコンに古い認証情報が残っているので、うまくいかない。あらかじめkobo端末とパソコンの認証を消去したのち、ADE4をアンストールし、それからADE3をインストールする必要がある。
・私の場合、それでもうまくいかず、koboをいったん工場出荷状態に戻した後、セッティングしなおし、ADEから本を転送すると開くことができた。
以上のような問題が、kobo全般のものなのか、H2O特有のものなのかは分かりません。私はADEのサイトのdiscussionのページで、同様の問題を訴えている英語の書き込みがあったのでそれを参考にしました。

投稿: yama | 2015年1月11日 (日) 18時28分

Kobo端末でドイツ語を読む人に初遭遇です。ようやくお仲間発見です。

Kobo AuraとKobo Gloについては、ADE4.0.2でOKでした。
(ファームウェアのバージョンは、Gloが3.3.1、Auraが3.8.0で確認。ついでに言うと、楽天配布のGlo/Aura公式FW3.1.0ではもっと古いADE1.7も可。)

いろいろ試した結果、Koboのファームウェアのバージョンが3.5.0以上になると、古いADE2/3ではうまくいかなくなるような感じでした(あくまでも感触)。

ですので、H2OではADE4が使えないというのは意外でした。H2OのFWは3.11.0以上でしょうから。

ともあれ、H2Oユーザーでonleiheを利用したい人にとって貴重な情報になるはずです。ありがとうございました。


投稿: soranoji | 2015年1月11日 (日) 22時50分

ちなみに、私のH2OのFWは3.11.4です。数年前からkindleを使っていて、ドイツ語の電子書籍が少ない(amazon.deで買えない)ことに不満を感じていました。koboでebooksなどのadobe DRMの電子書籍を読めることをこのサイトで知り、koboの購入に至りました。ドイツ語の電子書籍について、日本語で書かれたサイトは、他にはほとんどなく、とても参考になっています。

投稿: yama | 2015年1月12日 (月) 06時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/60932590

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語電子書籍を借りる(無料): onleihe 電子図書館:

« 電子書籍専用端末、2014年のベスト・メーカーは?(ドイツのアンケート) | トップページ | ドイツ語多読本:Martin Baltscheit / Christine Schwarz: Ich bin für mich (Minimax) »