« ドイツ語多読本:Lorenz Pauli / Kathrin Schärer: Wie weihnactelt man? | トップページ | ドイツ語多読本:Bernd Perplies: Magierdämmerung 2. Gegen die Zeit »

2014年12月27日 (土)

ドイツ語多読本:Lotte Kinskofer / Verena Ballhaus: Der Tag, an dem Marie ein Ungeheuer war (Minimax)

ソフトカバーの絵本で値段も安めのBelz & GelbergのMinimaxから。


Marieが怪獣になった日。
怪獣ごっこで大暴れ、みたいな話ではなくて、誰でも他人の目が気になったりするが、それでも自意識って他人の視線がないと生まれないよなあ、なんて思う話。

Lotte Kinskofer / Verena Ballhaus: Der Tag als Marie ein Ungeheuer war

887語

たぶん写真のフレームに白い線で手と足、頭にいたずら書きしたみたいな表紙の絵。これがまあ怪物の正体。

いつものように幼稚園へ行って靴を履き変えていると、「足が大きいね」と言われ、自分の足が巨大になっていく。物を取ろうとして、お腹が他の子にぶつかると「その大きい腹、じゃま」なんて言われて、お腹が大きくなっていく・・・。そうして人に何か言われるたびに、自分の容姿が気になりだし、私って怪獣じゃないか、なんて思い始める。

「手」を表す言葉は"Hand"だけでなく、たとえば、この本で使われている”Flosse”(ひれ)、それから"Pfote"や”Tatze”(動物の手足)などいろいろあって、それらを文字通りに映像化したら、それは怪獣にもなるだろう。
手は"Flosse"(ひれ)、口は"Klappe"(蓋)、鼻は"Kartoffel"(ジャガイモ)、髪は"Borste"(ブラシ)などなど。絵的にはおかしいが、それを自分の姿かと思う本人をやはり笑ってはいられない・・・。

他人の視線で自信を失ったりもするが、でも、逆に自分に自身が持てたりするのも、他人のおかげだったりする。というわけで、お母さん登場・・・・。もちろんいつものかわいいMarieに戻るのだった。


|

« ドイツ語多読本:Lorenz Pauli / Kathrin Schärer: Wie weihnactelt man? | トップページ | ドイツ語多読本:Bernd Perplies: Magierdämmerung 2. Gegen die Zeit »

ドイツ語児童書」カテゴリの記事

ドイツ語多読」カテゴリの記事

ドイツ語絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/60874189

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語多読本:Lotte Kinskofer / Verena Ballhaus: Der Tag, an dem Marie ein Ungeheuer war (Minimax):

« ドイツ語多読本:Lorenz Pauli / Kathrin Schärer: Wie weihnactelt man? | トップページ | ドイツ語多読本:Bernd Perplies: Magierdämmerung 2. Gegen die Zeit »