« Kobo Aura H2O 追加先行販売、一般販売は来年2月下旬予定 | トップページ | Kindle Voyage:1ヶ月半使ってみた感想 »

2014年12月20日 (土)

ドイツ語多読本:Jochen Till / Zapf: Raubritter Rocko und die verflixte Flugstunde (Tulipan ABCのB)

Tulipan ABCシリーズのB(7歳以上)から。
Raubritter Rockoシリーズの第1巻"Raubritter Rocko und die rostige Rüstung"に続き、第2巻。

Jochen Till / Zapf: Raubritter Rocko und die verflixte Flugstunde

1946語

小姓のRotznaseとかくれんぼの最中の主人公Rocko。Rotznaseは隠れても、アレルギー性のくしゃみですぐ見つかってしまう、なんて笑いを入れた後に、Rockoが隠れる番に。そこで泣いているドラゴンに出くわす。第1巻でも登場したドラゴン(表紙参照)だが、泣いている理由は空を飛べないこと。このドラゴン、なかなかの冒険好きで、自作のカヌーで滝を下ったり、ウィンドサーフィンで北極点を目指したこともある。それでどうしても空が飛びたいのだと。

それで、どうやってドラゴンを飛ばすかというドタバタが始まる・・・。
テニスのラケットにトイレットペーパーを巻いて翼の代わりにするとか、まあ無理だろうって話だが、さらには飛べないのは羽がないからだというので、ニワトリの羽をむしって、ベタベタ貼りつけてみたり・・・。

そんな笑い満載のストーリー。


|

« Kobo Aura H2O 追加先行販売、一般販売は来年2月下旬予定 | トップページ | Kindle Voyage:1ヶ月半使ってみた感想 »

ドイツ語児童書」カテゴリの記事

ドイツ語多読」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/60261589

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語多読本:Jochen Till / Zapf: Raubritter Rocko und die verflixte Flugstunde (Tulipan ABCのB):

« Kobo Aura H2O 追加先行販売、一般販売は来年2月下旬予定 | トップページ | Kindle Voyage:1ヶ月半使ってみた感想 »