« ドイツ語多読本:Ann-Kathrin Karschnick: Phoenix - Tochter der Asche | トップページ | Kindle Voyage: 日本語フォント変更(筑紫明朝入れ替えLinux版) »

2014年11月11日 (火)

Kindle Voyage:ディスプレイの二色グラーデーション問題の行方は?(その2)

ディスプレイのグラデーション問題(上が黄色く、下にいくと青い)、気にしないことにしたが、他の人はどうなんだろうと、Voyage画像を載せているサイトをいくつか見てみた。

その前にはっきりわかる画像を。
mobilereadのポスト
http://www.mobileread.com/forums/showpost.php?p=2969996&postcount=1053
画像下部に、スクリーン上部の虫眼鏡とショッピングカートのアイコン部分を貼りつけてあるので、色の違いがわかるはず。個体によって程度の差があるし、もちろん問題ないものを手ににした人もいるだろう。
Paperwhite(2013)にこんなグラデーションはない。

拡大写真はこっちのポストのリンクから
http://www.mobileread.com/forums/showpost.php?p=2970718&postcount=1113



では、日本のサイトにあげられている画像をいくつか

Kindle Voyage 買ったけど 1点だけどうしても納得いかないことが......
http://hyper-text.org/archives/2014/11/amazon_kindle_voyage.shtml
VoyageとPaperwhiteを並べている画像参照

Kindle Voyageが届いたのでPaperwhite(2012)と比較してみた
http://yomon.hatenablog.com/entry/2014/11/04/210901
黄色範囲が多めな気が

「Kindle Voyage」レビュー、これは最高のKindleだ
http://www.teradas.net/archives/15830/
一番下の画像、下部の青成分多めな気が

[ま]キャンペーン情報付きモデルの Kindle Voyage を買ったけど広告が表示されません/「セール本」広告は消します @kun_maa
http://kun-maa.hateblo.jp/entry/2014/11/08/070000
真ん中あたりが青い?

黄色と青のグラデーションがあるように思うのだが、なぜか誰も言及していない。それとも、これは外の照明やカメラのせい? あるいは、このくらいは気にならない範囲?
ライトを明るくしないと目立たないせいもあるかもしれないが、Voyageの値段を考えれば、要求水準を上げてもかまわない気がする。

参考までに問題なさそうなディスプレイの画像は、
Amazon.co.jp「Kindle Voyage」(後編)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/ebook/20141111_675312.html
から
http://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/675/312/html/33.jpg.html
これ別に加工してないよね?



で、前回引用したallesebook.deの続報というか、憶測記事。
今後の生産分からディスプレイは直っているはずだ、と言った手前なのか、その根拠をあげようとしている記事。前回の「ディスプレイの二色グラーデーション問題の行方は?」参照

Kommt in Kürze ein überarbeiteter Kindle Voyage?
「すぐにも修正されたKindle Voyageがくる?」みたいな意味
http://allesebook.de/e-book-reader/kommt-in-kurze-ein-uberarbeiteter-kindle-voyage-57350/

要約すると
Voyageが届いた日に交換の手続きをしたが、おもしろいことに2つ気がついた。
・その1
交換してこれからくる予定のVoyageの商品番号(ASIN)が通常の商品ページの番号と異なっている。
通常の番号はB00IOY524Sだが、交換してくる予定のものはB00JAKAQ64。さらに、こちらは商品ページがまだない。同じ商品で商品番号を変えるというのは何か理由があるはず。ストレージを2Gから4Gに変えたPaperwhiteは商品番号を変えた。Voyageも修正版なので商品番号を変えたのではないか。

・その2
入荷予定日の延期。交換を申し込んだ時、発送予定日は12/8と言われたが、その後12/16日に変更された。この12/16という日付はドイツに限ったことではなく、イギリスもそうだし、アメリカもそのあたりで、世界的にそのあたりになっている(日本は12/21のようだ)。この延期もディスプレイ問題と関係があるのでないか。

こんな感じの内容だが、あくまでも推測なのでそのつもりで。商品番号の変更も入荷予定の延期も真相はアマゾンしか知らない。

日本にも、交換を申し込んだが、VoyageのASINが変わっているなんて人いるんだろうか?
URLだと、"www.amazon.co.jp/gp/product/B00IOY56P8/" の "B00IOY56P8" が商品番号にあたる(これはWiFiのキャンペーンなしモデル)

いずれにせよ、allesebook.deの言い分が正しかったどうかがわかるのは、1ヶ月以上先のこと。

待てない人はとりあえず注文して、気に入らなかったら交換するしかなさそう。

|

« ドイツ語多読本:Ann-Kathrin Karschnick: Phoenix - Tochter der Asche | トップページ | Kindle Voyage: 日本語フォント変更(筑紫明朝入れ替えLinux版) »

Kindle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/60631252

この記事へのトラックバック一覧です: Kindle Voyage:ディスプレイの二色グラーデーション問題の行方は?(その2):

« ドイツ語多読本:Ann-Kathrin Karschnick: Phoenix - Tochter der Asche | トップページ | Kindle Voyage: 日本語フォント変更(筑紫明朝入れ替えLinux版) »