« Kindle Voyage: 海外のレビューから | トップページ | ドイツ語多読本:Jochen Till / Zapf: Raubritter Rocko und die rostige Rüstung (Tulipan ABCのB) »

2014年10月25日 (土)

Kobo:FW3.11.0 アップデート & パッチ 日本語フォントは詳細設定不可に

ファームウェアのアップデート。3.8.0から3.11.0へ。
PCのデスクトップ・アプリと番号を統一したらしい。

ファームウェアのダウンロード:
http://www.mobileread.com/forums/showthread.php?t=185660

いつものように日本語関連は放置。今回はフォントの太さが調節できなくなったので、むしろ日本語環境は悪化。

アップデート内容は、以下がわかりやすい?
http://blog.the-ebook-reader.com/2014/10/23/new-firmware-update-3-11-0-released-for-kobo-ebook-readers/
・ページめくりのタッチゾーン:
 オプションが1つ増えた。(上記リンク・ページの画像参照)
・キーボード:
 長押しでアクセント記号つき文字(ドイツ語だとäとか)が出せるようになった
・Beyond the Book:
 これは和書にあった?
・フッタの読書進捗状況の表示:
 パーセント表示、ページ数表示、読み終えるまでの時間、に切り替え可能
 また、ページ数表示は章単位と本全体とに切り替え可能(以上は洋書のみ)
 和書はこれまで通りパーセント表示のみ
・辞書:
 言語設定(メニューなどの)と読んでいる本の言語が違うときは翻訳辞書がデフォルトに
 (言語設定が日本語では、英英ではなく、英和がデフォルトになるということらしい)
 また、辞書は一度選択すると記憶され、以後はその辞書に固定されるらしい
・その他:
 読み終わると、「読み終わりましたページ」になる(kepub)。Facebookやら関連本やらが現れるらしい

もっと詳しい説明は
http://www.mobileread.com/forums/showpost.php?p=2953110&postcount=22 参照
修正されたバグ、未修正のバグの報告、それから、追加された隠し機能についても説明がある。



気がついたところを少し。

・ページ数表示の「章」か「本全体」かの切り替えは、言語設定が「日本語」だと設定画面に現れない。
和書はページ数表示がないので、設定画面にも現れないのだろう。でも、洋書を読む人だっているはずで、不親切。言語設定を一時的に英語などに変えると、設定できるようになる。その後は言語を日本語に戻しても設定は維持される。

・全画面表示(ヘッダ・フッタのオフ)で、右端の文字が切れる洋書があるというバグは修正されず

・しおりを消そうとすると再起動するバグ(FW3.8.0)は修正された

・フロントライト:スクリーン左端を一本指で上下すると、ライトの調節ができる(FW3.7.0から?)。Kobo Auraの2本指より楽。


で、いつもの便利なパッチもあがっている。
http://www.mobileread.com/forums/showthread.php?t=248370

だが、"Freedom to advanced fonts control"(フォントの詳細設定を可能にして、フォントの太さを調整できるようにするパッチ)はなくなった。これが最大の目的でパッチをあてているというのに・・・。
このパッチは全面書き直しが必要らしい。

代わりに、.kobo/Kobo/Kobo eReader.conf を直接編集する方法(「パッチなしで手っ取り早くフォントを見やすくする方法(FW3.3.0)」の記事参照)があげられているが(http://www.mobileread.com/forums/showpost.php?p=2954175&postcount=10)、日本語フォントは設定が反映されない。

また、http://www.mobileread.com/forums/showpost.php?p=2954243&postcount=12 には、システムフォントに見せかける方法があげられている。
システムフォントとしてリストアップされているが、実際には搭載されていないフォント(Delima, Felbridge, Rockwell, Times New Roman)があって、これらのフォント名を使えば、他のシステムフォントと同じようにフォントの詳細設定ができるようになる、とのこと。

一応やってみた。フォントエディタで日本語フォントのフォント名などをDelimaに変更して、Koboのfontsフォルダにコピー。結果はダメ。
たしかに詳細設定の画面に進むことができ、そこの表示上では変更可能だが、実際の本に戻ってみると、まったく反映されていない。

フォントの詳細設定画面から、フォント選択しようとすると、日本語フォントがなかったりする。
Kobo_font_3110a Kobo_font_3110b
たぶん、ここに表れているフォントのみが太さの変更ができるのだろう。

FW3.8.0ではちゃんと日本語フォントも現れる。
Kobo_font_380

今ではほとんど使わないKobo Gloで実験。
日本語フォントの太さが変えられないのは痛いので、常用しているAuraはアップデートしない。

パッチで日本語フォントの詳細設定が可能なのは、いまのところFW3.8.0まで。
"Freedom to advanced fonts control"パッチの復活を希望。やってくれるだろうか。それに、パッチ作者さん、日本語フォントなんかどうでもいいだろうしなあ。

追記:
と思っていたら、新しい"Freedom to advanced fonts control"パッチがあがっていた。が、言語設定が日本語だったり、本が日本語の場合は、このパッチを使うな、という警告つき。
http://www.mobileread.com/forums/showpost.php?p=2957683&postcount=26
パッチはここ
http://www.mobileread.com/forums/showpost.php?p=2953556&postcount=2
フォント周り、何が起こっているんだろう。H2O発売前に何か調整していると好意的に解釈すべきなのか、あるいは逆に・・・?


|

« Kindle Voyage: 海外のレビューから | トップページ | ドイツ語多読本:Jochen Till / Zapf: Raubritter Rocko und die rostige Rüstung (Tulipan ABCのB) »

kobo」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/60540801

この記事へのトラックバック一覧です: Kobo:FW3.11.0 アップデート & パッチ 日本語フォントは詳細設定不可に:

« Kindle Voyage: 海外のレビューから | トップページ | ドイツ語多読本:Jochen Till / Zapf: Raubritter Rocko und die rostige Rüstung (Tulipan ABCのB) »