« Kobo:FW3.3.0以降でスクリーンショットを撮る、パッチで見た目はこう変わる | トップページ | ドイツ語多読本:Barbara Ortelli: Ein Haus für den Bären »

2014年8月 9日 (土)

ドイツ語多読本:Thies Schwarz: Alfonso, der Meisterdieb

電子版のアニメーション付き絵本。epubでアニメーション、というところに興味。
「怪盗Alfonso 9つの天才的犯罪と1つの大失敗」

Kindle版は日本のアマゾンにはないので、Koboストアから買った(のだが、8/9現在ストアからなくなってしまっている。残念)。
(いや、復活した)

Thies Schwarz: Alfonso, der Meisterdieb(Animierte Version)
Alfonso

アニメーションなしの通常版
Alfonso. Der Meisterdieb

文章がなく、絵だけで物語るタイプの絵本。最初に怪盗Alfonsoがどうやって犯行をやりおおせたのか、絵を見て言い当ててくれ、みたいな文章がある。絵からストーリーを推測しながら見ていく本。

9つの犯罪はそれぞれ、1ページの大きな絵の中に描かれている。怪盗Alfonsoの犯行現場を絵にしたものだが、その中に犯行の計画スケッチがあったりして、理解を助けるようになっている。

電子版のせいか、その大きな1ページの後に、そのページを4分割して、そのそれぞれを拡大したページが続く。その中に、たとえば、お宝が光るとか、Alfonsoがパラシュートで降りてくるとか、そんなアニメーションがある。gifアニメみたいな感じ。

犯行の手口は、博物館の警備員に酒を贈って酔わせ、その隙にお宝をいただく、という誰でも予想できるものから、ハチミツを使ってアリにダイヤを運ばせる、なんて遊び心があるものまでいろいろ。コミック的な絵柄で、カラフルで楽しい絵なので、見るだけでも楽しめる。

最後は、天才的な怪盗のくせに、子供が手にしていたアイスを奪うなんて大人気ないことをする。それで警察に捕まるなんてドジ。もちろんそれで終わるわけもなく、当然脱獄・・・。

本の最後には、怪盗の秘密のメモみたいなものがついていて、それぞれの犯罪の手口が箇条書きになっているので、絵を見てわからないことがあっても、大丈夫な仕様。

カラーの絵本でアニメーション付きなので、当然タブレットやPCで。試しにKobo Auraでも見てみたが、E-Inkの描画速度では見れたものではない。

出版社のTrailer

(本の中のアニメーションは、こんなに動かないし、ズームとかパンとかはない)


紙の本はかなり縦長(リンクはアマゾン)
Alfonso, der Meisterdieb: 9 geniale Gaunereien und ein fataler Fehler

|

« Kobo:FW3.3.0以降でスクリーンショットを撮る、パッチで見た目はこう変わる | トップページ | ドイツ語多読本:Barbara Ortelli: Ein Haus für den Bären »

ドイツ語児童書」カテゴリの記事

ドイツ語多読」カテゴリの記事

ドイツ語絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/59939479

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語多読本:Thies Schwarz: Alfonso, der Meisterdieb :

« Kobo:FW3.3.0以降でスクリーンショットを撮る、パッチで見た目はこう変わる | トップページ | ドイツ語多読本:Barbara Ortelli: Ein Haus für den Bären »