« ドイツ語多読本:Ole Könnecke: Der grosse böse Bill (Minimax) | トップページ | ドイツ語多読本:Chisato Tashiro: Fünf freche Mäuse bauen ein Haus »

2014年6月11日 (水)

ドイツ語多読本:Brigitte Weninger / Eve Tharlet: Kind ist Kind

カエルだろうがネズミだろうが、子供は子供、何もむずかしいことはない。そんな大雑把さが必要なこともある。

出版社のWebページにいくと、裏表紙まで全ページ見ることができる。
http://www.minedition.com/de/book_detail.php?id=167
表紙をクリック

Brigitte Weninger / Eve Tharlet: Kind ist Kind

446語

お父さん、お母さんがどこかに行ってしまったカエルの子供が2匹。
ツグミやらモグラやらハリネズミやらが心配そうにやってくるものの、「食べ物が違うしなあ」とか「住むところが違うしなあ」とか、引き取り手が見つからない。

そこにやってきたのが、子供をぞろぞろ引き連れたネズミのお母さん、「子供は子供じゃないの、私が引き受けた」と、頼もしい一言。

でも、食べ物やら住むところやらはどうする・・・? そこはもうお母さんの図太さ、たくましさで。


|

« ドイツ語多読本:Ole Könnecke: Der grosse böse Bill (Minimax) | トップページ | ドイツ語多読本:Chisato Tashiro: Fünf freche Mäuse bauen ein Haus »

ドイツ語児童書」カテゴリの記事

ドイツ語多読」カテゴリの記事

ドイツ語絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/59797721

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語多読本:Brigitte Weninger / Eve Tharlet: Kind ist Kind:

« ドイツ語多読本:Ole Könnecke: Der grosse böse Bill (Minimax) | トップページ | ドイツ語多読本:Chisato Tashiro: Fünf freche Mäuse bauen ein Haus »