« Kobo: FW3.3.0追加パッチ(欧文フォントをリストから消す)、ちょっとFW3.3.0の感想 | トップページ | ドイツ語多読本:Susanne Göhlich: Alons. Volle Fahrt voraus! (Aladin Verlag Bildbücherei) »

2014年5月12日 (月)

ドイツ語多読本:Jochen Mariss / Dorothee Böhlke: Paula und die Wortschätzchen

本好きの女の子の話だが、主役はどっちかというと、そのおばあちゃんのほう。

タイトルにある"Wortschätzchen"だが、Wortschatzはふつう「語彙」の意味。
"Wort"=言葉と"Schatz"=宝物、さらに親しみを込めて呼ぶ時に使う"chen"(赤ずきんちゃん=Rotkäppchenなんかの"chen")をつけて、主人公のPaulaは本を"Wortschätzchen"と呼ぶ。そんな本好きなPaulaが、本の苦手なおばあちゃんの家に行くことになった話。

アマゾンにないので、リンクは紀伊国屋。
Jochen Mariss / Dorothee Böhlke: Paula und die Wortschätzchen
Paula_und_2

2227語

Paulaには本好きなおばあちゃんと本嫌いなおばあちゃんがいて、本嫌いなおばあちゃんのところに行かなければならなくなって、つけた条件が一つ。寝る前に本を読んでくれること。最初おぼあちゃんは嫌がっているようだったが、一ページだけならということで話が落ち着く。

で、ベットに入り、本を読んでもらうと、文の途中だろうがお構いなしに、一ページで本を閉じてしまうおばあちゃん。それもとても読むのが下手くそ。

それでも毎晩本を読んでもらっているうちに、ひょっとして今のはページをめくった音・・・?みたいなことも起こって、最初はいやいやながら本を読み聞かせていたおばあちゃん、どんどん本にはまっていって・・・。

という、主人公のPaulaより、おばあちゃんの中で大きくドラマが展開する、そんな物語。

6歳以上対象、30ページくらいで2000語以上。絵本としては文字が多めと思ったほうがいい。

|

« Kobo: FW3.3.0追加パッチ(欧文フォントをリストから消す)、ちょっとFW3.3.0の感想 | トップページ | ドイツ語多読本:Susanne Göhlich: Alons. Volle Fahrt voraus! (Aladin Verlag Bildbücherei) »

ドイツ語児童書」カテゴリの記事

ドイツ語多読」カテゴリの記事

ドイツ語絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/59589670

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語多読本:Jochen Mariss / Dorothee Böhlke: Paula und die Wortschätzchen:

« Kobo: FW3.3.0追加パッチ(欧文フォントをリストから消す)、ちょっとFW3.3.0の感想 | トップページ | ドイツ語多読本:Susanne Göhlich: Alons. Volle Fahrt voraus! (Aladin Verlag Bildbücherei) »