« Kindle Paperwhite 新モデル(2013): アップデート(5.4.3.1)後もJailbreak生き延びる | トップページ | Kobo: カスタム・スクリーンセーバーにしてみる(FW3.1.1/3.2.0) »

2014年4月17日 (木)

ドイツ語多読本:Frauke Scheunemann:Winston - Ein Kater in geheimer Mission

"Deutscher Katzen-Krimi-Preis"(2013)の受賞作。
「ネコ・ミステリー賞」なんて、ちょっと不思議な賞。ネコ・ミステリーってジャンルあるのか?
まあ、猫好きな人が多いってことなんだろう。
http://katerpaul.wordpress.com/deutscher-katzen-krimi-preis/

残念ながら日本の書店ではebook版は買えない。ebook.deなどのドイツの書店からepub版を。ドイツ・アマゾンのkindle版は日本から買えないので。

Frauke Scheunemann: Winston - Ein Kater in geheimer Mission
Winston01

48000語

紙の本はこちら(アマゾン)
Winston - Ein Kater in geheimer Mission

11歳以上対象の児童書。文章はやさしく、するする読める。とはいっても、5万語近くあるので、ちょっと本格的に長めの本に挑戦してみたい人向き。

表紙の黒猫が主人公のWinston Churchill。偉そうな名前のブリティッシュ・ショートヘアのオス猫。
物理学教授の家に住む家猫で、ほとんど外に出たことがない。ちょっと気位が高く、猫缶なんか食べない。
話は猫のWinstonの視点から語られていく。

事件の発端は、Winstonもお気に入りの家政婦さんが結婚退職、代わりにその妹のAnnaが家の世話をすることになったこと。ある日、夜も遅くにAnnaが娘のKiraを連れて教授の家にやって来る。いっしょに暮らしているボーイフレンドとゴタゴタがあって飛び出したが、行く宛もなく教授の家にやって来たとのこと。どうもそのボーイフレンドに脅されているらしいのだが、警察には連絡したくないらしい・・・。

そこに事件の匂いを嗅ぎとった娘のKiraとWinstonが調査に乗り出す、というストーリー。児童書なので、やはり子供のKiraとネコが主役になる。

で、さらにひねりが加えられているのは、落雷の衝撃で、なんとネコのWinstonと人間のKiraの体が入れ替わってしまうこと。

結果、家猫でほとんど外に出たこともないWinstonがKiraとして学校へ行くことになってしまったり・・・。

そんな、いったいどうなる??的展開とともに、児童書の定番とも言える、転校してどうやって友達を作るか、クラスのいじめっ子グループにどう対応するかなんて問題も描きつつ、ネコのWinston的には、裏庭で会った美人のメス猫とどう仲よくなるか、なんて問題も持ちがあったりという展開。

もちろん、体の入れ替わりで面倒なことも起きるが、逆に人とネコが入れ替わることで、かえってうまく事が運んだりもするわけで、そのあたりが読ませどころ。

続編も出ているので、人気作なのかもしれない。
Winston - Agent auf leisen Pfoten

(リンクはアマゾンの紙の本)

|

« Kindle Paperwhite 新モデル(2013): アップデート(5.4.3.1)後もJailbreak生き延びる | トップページ | Kobo: カスタム・スクリーンセーバーにしてみる(FW3.1.1/3.2.0) »

ドイツ語児童書」カテゴリの記事

ドイツ語多読」カテゴリの記事

ミステリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/59480286

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語多読本:Frauke Scheunemann:Winston - Ein Kater in geheimer Mission:

« Kindle Paperwhite 新モデル(2013): アップデート(5.4.3.1)後もJailbreak生き延びる | トップページ | Kobo: カスタム・スクリーンセーバーにしてみる(FW3.1.1/3.2.0) »