« ドイツ語多読本:Ulrike Schweikert: Das Reich der Finsternis - Verdammt: Band 2 | トップページ | ドイツ語多読本:Christian Bieniek: Karla mit der großen Klappe »

2014年3月13日 (木)

ドイツ語多読本:Jane Goodall: Der kleine Doktor White

Der kleine Doktor Whiteって、やはり表紙の犬のことなんだろうけど、犬がドクター?と思っていたら、アニマル・セラピーの話だった。

Jane Goodall: Der kleine Doktor White

1068語

実話に基づいていると説明があった。
というわけで、子供の絵本にありがちなキャラクターをわかりやすく強調するとか、動物を擬人化するとか、そうことはいっさいないリアルな話。表紙からもわかるが、イラストも水彩で、落ち着いた写実的な絵柄。

犬のDoktor Whiteは病院を出入りしていて、ベッドに横になっている患者といっしょに寝たり、入院中の子供たちを訪ねて行ったり。それで元気になって退院する子供もいたりする。

ところがある日、保健所かどこかの役人がやってくる。犬がいるのを見て、「病院内に犬だなんてけしからん、とっとと外に出せ」。それで出入り禁止になってしまうのだが・・・。

動物といると患者の治癒力を高めるとか。科学的に証明できるのかどうかはわからないけれども、確かに気持ちは安らぐんだろうと思う。

|

« ドイツ語多読本:Ulrike Schweikert: Das Reich der Finsternis - Verdammt: Band 2 | トップページ | ドイツ語多読本:Christian Bieniek: Karla mit der großen Klappe »

ドイツ語児童書」カテゴリの記事

ドイツ語多読」カテゴリの記事

ドイツ語絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/59253943

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語多読本:Jane Goodall: Der kleine Doktor White:

« ドイツ語多読本:Ulrike Schweikert: Das Reich der Finsternis - Verdammt: Band 2 | トップページ | ドイツ語多読本:Christian Bieniek: Karla mit der großen Klappe »