« ドイツ語多読本:Walko: Die Pappenburger シリーズ | トップページ | ドイツ語多読本:Ken Follett: Das Geheimnis der Masken »

2013年9月24日 (火)

Sonyも新モデルPRS-T3S投入、楽天はKobo Aura発売するのか?

ソニーのReader向きの人は、

・フロントライトなんかいらない
・和書さえ読めればいい。洋書は読まない
・軽い端末が好き(専用カバーをつけても、Kindle Paperwhite、Koboより軽い)
・画面のリフレッシュ(白黒反転)がいやだ(新モデルは独自技術により4時間はリフレッシュしないらしい)
・物理ボタンが欲しい。画面タッチは反応が悪いし、不正確でいらつく

フロントライトがいらなくて、和書が読めればいいという人には、十分に選択候補に上がってもいいと思うが、


洋書が読めないので、個人的にはソニーのReaderに興味はない。
正確には、AdobeのDRMつきのepubの洋書が読めないから、使えない。

ドイツの電子書籍はamazon以外は、Adobe Digital EditionsのDRM(プロテクト)がかかっているepubが普通。

だから、これに対応してくれないとドイツ語の電子書籍は買っても読めない。もちろん、海外で販売されるソニーのReaderはDRMに対応しているが(ドイツでも売られている)、日本で発売されるものはおそらく対応していない。ソニーのストアにも洋書はないし。

Kindleは独自フォーマットの本で客を囲い込もうとしているので、そもそもepubに対応していない。

楽天のKoboだけがAdobeのDRMに対応しているので、Koboストア以外から買っても、ドイツ語の電子書籍は安心して読める。

なんでDRMつきepub対応にこだわるのかと言ったら、日本のアマゾン、Koboで売られているの書籍の数が少ないからだ。ドイツのアマゾンのKindleショップとドイツ語の本の数を比べてみたらいい。日本で売られていない本は山ほどある。そして、日本からドイツのアマゾンでKindle本は買えない。VPNとか使えばできるのかもしれないが。

でも、epubの本なら、アマゾン以外のネット書店から買えばいい。ebook.deとか。日本では売っていない本も買える。

というわけで、ソニーのReaderには興味なし。

それよりも、Kindle、Sonyが新モデル発売を発表して、楽天Koboがどう出るかが問題。
新モデルのKobo Auraは海外ではすでに出荷が始まっているが、日本での発売については何のアナウンスもない。

じきに発表があるのか、たとえば、Kindle出荷が10月22日だから、それまでに何か動きがあるのか。あるいは、年末商戦に合わせてくるのか?

MobilereadのKoboフォーラムでは、Kobo Auraは日本語の本が文字化けしたので返品した、なんて投稿もあったりして、まだファームウェアに問題があるとか? でも、この投稿だけでは単なる初期不良だったのかもしれず、正確なところはわからない。

これまでのネットの情報を見たところでは、新Kindle Paperwhiteのほうが性能はいい、という結果になりそうだが、それでも楽天にも頑張ってもらわないと・・・。

|

« ドイツ語多読本:Walko: Die Pappenburger シリーズ | トップページ | ドイツ語多読本:Ken Follett: Das Geheimnis der Masken »

kobo」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/58258102

この記事へのトラックバック一覧です: Sonyも新モデルPRS-T3S投入、楽天はKobo Aura発売するのか?:

« ドイツ語多読本:Walko: Die Pappenburger シリーズ | トップページ | ドイツ語多読本:Ken Follett: Das Geheimnis der Masken »