« 多読が必要なわけ:絵本なんか読まなくていい、とか、ただ愚かなだけだし | トップページ | Kobo フォントの悩み解決:ファームウェアに手を入れて、フォントを太くして見やすくできたりするツール »

2013年8月18日 (日)

ドイツ語多読本:ネイティブ子供向けの読書入門的な本:Tulipan ABCから その2

Tulipan ABCのAレベルの2回目。1回目はここ


Anne Maar / Verena Ballhaus: Ein Wunschhund für Oskar

1074語

Oskarは犬が欲しい。いくつか好みはあるけれど、ゆずれないのはたれ耳であること。でも、家では飼えない。近くにそんな犬を買っている家があって、毎日通っているうち、我慢できなくなって、ついに勇気を出して散歩に連れていっていいか聞いてみる・・・。
ところどころクレヨンか何かを使っているようで、何か素朴な感じの絵柄もまたよい。


Anne Maar / Verena Ballhaus: Hugo zieht um

1368語

Hugo、引っ越す。引っ越すといいこともあるが、よくないこともある。最大の不安はやはり転校しなければならないこと。それで悪夢を見てしまったり・・・。
上と同じコンビによる本。


Manfred Mai / Marion Goedelt: Die ABC-Detektive

894語

Anna、BenとCefirは集まって、お話を書くことにした。鉛筆や紙は用意した。あと足りないものは・・・文字。というわけで、アルファベットを探して歩く三人、そんなちょっと?な話だが、アルファベットを覚えるための本のようだ。たとえば、Aをゴミ(Abfall)の中に発見とか、Bは木(Baum)にひっかかっている、とか。

|

« 多読が必要なわけ:絵本なんか読まなくていい、とか、ただ愚かなだけだし | トップページ | Kobo フォントの悩み解決:ファームウェアに手を入れて、フォントを太くして見やすくできたりするツール »

ドイツ語児童書」カテゴリの記事

ドイツ語多読」カテゴリの記事

ドイツ語絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/57928168

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語多読本:ネイティブ子供向けの読書入門的な本:Tulipan ABCから その2:

« 多読が必要なわけ:絵本なんか読まなくていい、とか、ただ愚かなだけだし | トップページ | Kobo フォントの悩み解決:ファームウェアに手を入れて、フォントを太くして見やすくできたりするツール »