« Kobo glo、スキンシール貼りかえてみた | トップページ | ドイツ語書籍:Ju Hohisch: Das Obsidianherz »

2013年8月30日 (金)

Kobo フォントの悩み解決:ファームウェアに手を入れて、フォントを太くして見やすくできたりするツール Kobo Patch Generator さらに続いてversion07

前に紹介したKobo フォントの悩み解決:ファームウェアに手を入れて、フォントを太くして見やすくできたりするツールの新しいヴァージョンが出ていた。

mz_koboreaderpatch_07.zipのダウンロードはここ
英語の解説はここ


Version06との違いは(FWが2.8.1の場合のみ)、
・epub(kepubではなく)で、長いパラグラフで変なところで改ページする(下の余白がまちまちになる)バグを修正。和書には関係なし。
・余白の微調整が可能に。(左からのマージンと上からのマージンの位置を調整できる)
・フッタを完全に消してしまえるようになった。
・フッタのカスタマイズの仕方が変わった。Aura、Glo、Touchと書き方が統一された。が、これはちょっと注意が必要。不具合が出る。下に書く。
(FWが2.6.1の場合は、これらの機能追加はないようだ。)

和書しか読まない場合にはたいして影響のないヴァージョンアップ。kepubのヘッダはまだ変更できず。

kpg.confの書き方。version06から変更があったところのみ。それ以外は前の記事を参照

フッタのカスタマイズ部分は変更があった:



# フッタのカスタマイズ
# "Disable footer example"(フッタ消去)と"Decrease footer example"(フッタ縮小)のどちらか一方のみを有効にする。"#replace_zlib...."の行の先頭の#を消して、"replace_zlib...."とすれば有効になる。先頭に#をつければ無効になる。
<Patch>
patch_name = `Custom reading footer style`
patch_enable = `yes`
# Disable footer example
# フッタを完全消去する
#replace_zlib = 1205FF4, `ReadingFooter {\n\tmin-height: 70px;\n\tmax-height: 70px;\n\tqproperty-footerMargin: 40;\n}\n\nReadingFooter[deviceCodeName="kraken"], \nReadingFooter[deviceCodeName="phoenix"] {\n\tmin-height: 82px;\n\tmax-height: 82px;\n\tqproperty-footerMargin: 110;\n}\n\nReadingFooter[deviceCodeName="dragon"] {\n\tmin-height: 120px;\n\tmax-height: 120px;\n\tqproperty-footerMargin: 20;\n}\n\n* {\n\tfont-size: 16px;\n}\n\n[deviceCodeName="kraken"], \n[deviceCodeName="phoenix"] {\n\tfont-size: 20px;\n}\n\n[deviceCodeName="dragon"] {\n\tfont-size: 26px;\n}\n\n[localeName="ja_JP"] {\n\tfont-family: A-OTF Gothic MB101 Pr6N;\n}`, `* {\n\theight: 5px;\n\tfont-size: 1px;\n\tcolor: transparent;\n}\n\n`
# Decrease footer example
# フッタを縮小する。だが、このまま使うと不具合が出る(フッタのフォントがゴシック・明朝ごたまぜになる。章のタイトルが表示されない。それでもやってみたければ、赤字の数値を変更する)。なので、下のように、Version06の書き方に戻す。
#replace_zlib = 1205FF4, `ReadingFooter {\n\tmin-height: 70px;\n\tmax-height: 70px;\n\tqproperty-footerMargin: 40;\n}\n\nReadingFooter[deviceCodeName="kraken"], \nReadingFooter[deviceCodeName="phoenix"] {\n\tmin-height: 82px;\n\tmax-height: 82px;\n\tqproperty-footerMargin: 110;\n}\n\nReadingFooter[deviceCodeName="dragon"] {\n\tmin-height: 120px;\n\tmax-height: 120px;\n\tqproperty-footerMargin: 20;\n}\n\n* {\n\tfont-size: 16px;\n}\n\n[deviceCodeName="kraken"], \n[deviceCodeName="phoenix"] {\n\tfont-size: 20px;\n}\n\n[deviceCodeName="dragon"] {\n\tfont-size: 26px;\n}\n\n[localeName="ja_JP"] {\n\tfont-family: A-OTF Gothic MB101 Pr6N;\n}`, `* {\n\theight: 18px;\n\tfont-size: 16px;\n}\n\n`
# Decrease footer exampleの修正。Kobo gloの場合は赤字の数値を変更する
replace_zlib = 1205FF4, `ReadingFooter {\n\tmin-height: 70px;\n\tmax-height: 70px;\n\tqproperty-footerMargin: 40;\n}\n\nReadingFooter[deviceCodeName="kraken"], \nReadingFooter[deviceCodeName="phoenix"] {\n\tmin-height: 82px;\n\tmax-height: 82px;\n\tqproperty-footerMargin: 110;\n}\n\nReadingFooter[deviceCodeName="dragon"] {\n\tmin-height: 120px;\n\tmax-height: 120px;\n\tqproperty-footerMargin: 20;\n}\n\n* {\n\tfont-size: 16px;\n}\n\n[deviceCodeName="kraken"], \n[deviceCodeName="phoenix"] {\n\tfont-size: 20px;\n}\n\n[deviceCodeName="dragon"] {\n\tfont-size: 26px;\n}\n\n[localeName="ja_JP"] {\n\tfont-family: A-OTF Gothic MB101 Pr6N;\n}`, `ReadingFooter {\n\tmin-height: 70px;\n\tmax-height: 70px;\n\tqproperty-footerMargin: 40;\n}\n\nReadingFooter[deviceCodeName="kraken"], \nReadingFooter[deviceCodeName="phoenix"] {\n\tmin-height: 82px;\n\tmax-height: 82px;\n\tqproperty-footerMargin: 110;\n}\n\nReadingFooter[deviceCodeName="dragon"] {\n\tmin-height: 5px;\n\tmax-height: 5px;\n\tqproperty-footerMargin: 0;\n}\n\n* {\n\tfont-size: 16px;\n}\n\n[deviceCodeName="kraken"], \n[deviceCodeName="phoenix"] {\n\tfont-size: 20px;\n}\n\n[deviceCodeName="dragon"] {\n\tfont-size: 26px;\n}\n\n[localeName="ja_JP"] {\n\tfont-family: A-OTF Gothic MB101 Pr6N;\n}`
</Patch>


以下はさらに追加されたパッチ:



# kepubではなく、epubで長いパラグラフで変な改ページをしてしまうバグの修正。和書はたぶん関係ない。
<Patch>
patch_name = `Fix page breaks bug`
patch_enable = `yes`
replace_bytes = C13B6E, E8 D0, E8 E7
#Alternative method
#replace_bytes = C13B6E, E8 D0, 00 46
</Patch>

# 余白の微調整。赤字を変更する。kepubの和書の場合はいじらなくていいかも。
<Patch>
patch_name = `Margins fine tuning`
patch_enable = `no`
# Initial replaces
replace_bytes = 848E86, 19 46, 00 21
replace_bytes = 848E88, 1A 46, 00 22
# Values for replace
# Left margin 左の余白
replace_int = 848E86, 0, 10
# Top margin 上の余白
replace_int = 848E88, 0, 10
</Patch>


和書にはあまり恩恵のないヴァージョンアップだったが、ebook.deなどのKoboストア以外からepub版の洋書を買う身としては、おかしな改ページのバグ修正はありがたい。Koboストアでも洋書はAdobe Digital Editonsを使えば、kepubではなくepubだし、ヘッダもフッタもじゃまなだけ、という人にはうれしい修正のはず。

|

« Kobo glo、スキンシール貼りかえてみた | トップページ | ドイツ語書籍:Ju Hohisch: Das Obsidianherz »

kobo」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/58071887

この記事へのトラックバック一覧です: Kobo フォントの悩み解決:ファームウェアに手を入れて、フォントを太くして見やすくできたりするツール Kobo Patch Generator さらに続いてversion07:

« Kobo glo、スキンシール貼りかえてみた | トップページ | ドイツ語書籍:Ju Hohisch: Das Obsidianherz »