« Kob FW 2.8.1 ちょっと興味本位で試す | トップページ | ドイツ語書籍:Wolfgang Jeschke: Der letzte Tag der Schöpfung »

2013年7月30日 (火)

ドイツ語多読本:Philip Waechterの絵本 その4

共著、もしくはイラストのみ、Philip Waechterが担当したものと思われる絵本。

Die kniffligsten Fälle von Meisterdetektiv Rattiko
Rattiko

2236語

名探偵Rattikoが難事件を解決。3話収録。
サーカスで手品に使うウサギが消えた話、ゲームのカードがなくなった話に、縫いぐるみの虎が消えた話。集音装置や臭い探知機など、探偵道具を駆使して事件を解決するというのが売りどころらしい。なぜか最後に必ず記念写真を取るRattiko。
イラストの感じはコミックっぽいが、文章はたっぷり目。



Schaf ahoi
Schafahoi

1052語

心配性のお母さんのために、他の羊たちからバカにされているBerthold。引き潮で島が陸地とつながるときに、陸地へ行こうとする羊たち。危ないので行かないBerthold。羊飼いのおじさん、羊を数えていると眠ってしまうので、そこを狙って陸地に向かう羊たちだが、潮が戻ってきて戻れなくなってしまう。そこでBertholdの救出作戦が始まる・・・・。


Was war zuerst da?
Waswarzuerstda

1547語

ニワトリが先かタマゴが先か、この問を解くためにニワトリ小屋を飛び出す若い雌鶏の話。
日本語だと「ニワトリ」なのでわからないが、Henne(雌鶏)かEi(タマゴ)か?
道で出会った雄鶏は、「Hahn(雄鶏)が先。だから問いがおかしいんだ」などとほざくが、タマゴを生むのは雌鶏だから、雄鶏は関係ないと聞き流しつつも、仲良くなって、タマゴを産んで、さて、出た答えは・・・? で、タマゴからかえったヒナがまた、ニワトリかタマゴか問題を蒸し返すのだった。ヒナからすると、先なのはどう考えても・・・。

|

« Kob FW 2.8.1 ちょっと興味本位で試す | トップページ | ドイツ語書籍:Wolfgang Jeschke: Der letzte Tag der Schöpfung »

ドイツ語児童書」カテゴリの記事

ドイツ語多読」カテゴリの記事

ドイツ語絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/57695945

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語多読本:Philip Waechterの絵本 その4:

« Kob FW 2.8.1 ちょっと興味本位で試す | トップページ | ドイツ語書籍:Wolfgang Jeschke: Der letzte Tag der Schöpfung »