« ドイツ語多読本:Philip Waechterの絵本 その2 大人向け絵本 | トップページ | ドイツ語多読本:Philip Waechterの絵本 その3 実は繊細で美しい絵本 »

2013年7月22日 (月)

ドイツ語多読本:Ole Könnecke: Lola und das Gespenst

Ole Könneckeの本。これは絵本ではなく、イラスト入りの本。5000語近くあるので、少し慣れてからのほうがいいかも。

Lola und das Gespenst
Lola_gespenst

4680語

海岸の塔に住む引退した船長、夜中にノックが聞こえて、ドアを開けるものの、誰もいない。それが何度も続いて、幽霊だとばかり、逃げてきた先がLolaとおじいさんが住む家。
新聞にも幽霊の話が載っていて、正体を確かめようと、冷静にしてやる気満々のLolaに対して、男たちはあきらかにビビっている。でも見栄から怖いとは言えないってところが、おかしい。飄々とした頭脳派のLolaがいい味を出している。
各ページにイラストがあって、話を楽しく盛り上げている。

|

« ドイツ語多読本:Philip Waechterの絵本 その2 大人向け絵本 | トップページ | ドイツ語多読本:Philip Waechterの絵本 その3 実は繊細で美しい絵本 »

ドイツ語児童書」カテゴリの記事

ドイツ語多読」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/57731486

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語多読本:Ole Könnecke: Lola und das Gespenst:

« ドイツ語多読本:Philip Waechterの絵本 その2 大人向け絵本 | トップページ | ドイツ語多読本:Philip Waechterの絵本 その3 実は繊細で美しい絵本 »