« ドイツ語書籍:Gesa Schwartz: Grim - Das Siegel des Feuers | トップページ | Kobo FW 2.6.0にしてみる、Kindleとちょっと比較 »

2013年6月12日 (水)

ドイツ語多読本:かなりやさしい絵本、3冊

2歳向けのやさしい絵本。ばらばらの3冊。

David Melling: Plitsch, platsch, Entenquatsch!

75語

表紙の通り、飛び込み台からビニールプールに飛び込んでいくのだが、一羽ずつ増えていって、どんどんにぎやかになっていく。数字を覚えさせようというものらしい。


Tanja Jacobs/Susanne Weber: Die Eule mit der Beule

70語

Eule(フクロウ)にBeule(たんこぶ)。訳すと音のおもしろさが消えてしまう。
見開きの片方のページに2行。韻を踏んだりして、響きやリズムのおもしろさで読ませる。
たんこぶを治してもらいにいろんな動物のところへ。でも最後はやはり・・・。


Susanne Göhlich: Bettzeit ist's

104語

これも見開きで2行で韻を踏む。
寝ようと思ったら、ぬいぐるみの動物たちがいない!! 隣の部屋とか台所、トイレ、その他いろいろなところでぬいぐるみを見つけて行って、最後はみんなでベッドの中へ。それがしあわせ、という話。


アマゾンでは品切れのよう。紀伊国屋などをチェック。

|

« ドイツ語書籍:Gesa Schwartz: Grim - Das Siegel des Feuers | トップページ | Kobo FW 2.6.0にしてみる、Kindleとちょっと比較 »

ドイツ語児童書」カテゴリの記事

ドイツ語多読」カテゴリの記事

ドイツ語絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/57469752

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語多読本:かなりやさしい絵本、3冊:

« ドイツ語書籍:Gesa Schwartz: Grim - Das Siegel des Feuers | トップページ | Kobo FW 2.6.0にしてみる、Kindleとちょっと比較 »