« ドイツ語多読本:Timo Parvela: Ella auf Klassenfahrt | トップページ | ドイツ語多読本:かなりやさしい絵本、Langenscheidt PiNGPONG 1+ »

2013年5月25日 (土)

ドイツ語書籍:Urs Richle: Das taube Herz

いつだったか、楽天から一日限りの1500円のクーポンが来たので、せっかくなので使っておこうと思って、紹介文で選んだ本。スイスの作家らしい。

「思考する機械を作るという人類の夢の物語」なんていう紹介文だが、舞台は18世紀、Wolfgang von Kempelenのチェスを指す自動人形「トルコ人」(実在した)が話題になった頃。このKempelenの「トルコ人」を凌駕する人形を作ろうとした、というか、作らされた時計職人の話。

Urs Richle: Das taube Herz
Das_taube_herz

72000語

Kindle版はこちら

時計博物館から、からくり時計が盗まれる。話を聞いてみると、それは愛する人の骨で作ったものだという。そのからくり時計の製作者の数奇な物語。

時計のメカニズムに魅せられた少年だったJean-Louisは、後年、いろんな時計から部品をかき集めて、ロゴだけ有名ブランドのものをつけた時計を作って、有名デザイナーの飾り時計に埋め込むという仕事をしている。

その腕を見込んで、Jean-Louisを拉致するのがMontallierという自動人形コレクター。MontallierはKempelenの「トルコ人」のいかさまを暴こうと決心している。「トルコ人」を同じ自動人形で負かして、実は自分の自動人形の中には人が隠れていたのだと暴露すれば、Kempelenのインチキも証明されるはずだ、と。人形の作り手は見つかった、あとは中に仕込む人間だ・・・。

それがAna。彼女は元々は貴族の娘なのだが、生まれた時から変わっていて、人に触れられると暴れてしまうし、言葉も話さない。父親はいろいろと医者を探すが、お手上げ状態。ただ父親の趣味のチェスには興味を示す。が、Anaを人に預けたままにして、両親とも死んでしまう。慈善施設の片隅で、頭がおかしいか悪魔に取り憑かれていると思われているAnaだが、偶然から彼女がチェスができることがわかり、それがとんでもなく強くて、評判になったところにやってくるのが、Montallier。さっそく誘拐する。

そして、Jean-Louisは、Anaが中から操作してチェスができる人形を作れ、とMontallierに命令される・・・。


今でこそ、人間より強いチェスなり将棋なりのコンピュータ・プログラムは想像できるが、マリー・アントワネットの時代に、人間に勝てるチェスの機械なんかありえないし、Kempelenの「トルコ人」もインチキに決まっていると思うけれども、当時の人はどう思ったんだろう。

|

« ドイツ語多読本:Timo Parvela: Ella auf Klassenfahrt | トップページ | ドイツ語多読本:かなりやさしい絵本、Langenscheidt PiNGPONG 1+ »

Kindle」カテゴリの記事

kobo」カテゴリの記事

ドイツ語多読」カテゴリの記事

ドイツ語書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/57458201

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語書籍:Urs Richle: Das taube Herz:

« ドイツ語多読本:Timo Parvela: Ella auf Klassenfahrt | トップページ | ドイツ語多読本:かなりやさしい絵本、Langenscheidt PiNGPONG 1+ »