« ドイツ語多読本:Andreas H. Schmachtl: Tilda Apfelkernシリーズ、続き | トップページ | ドイツ語多読本:ネイティブ子供向けの読書入門的な本:Duden Lesedetektive 2.Klasse »

2013年4月26日 (金)

ドイツ語多読本:Timo Parvela: Ella in der Schule

子供たちがわさわさ出てきて、楽しく笑えるシリーズと言えば、Ellaシリーズ。

アメリカLouis Sacherの”Wayside School"よりも、フランスの『プチ・ニコラ』(ドイツ語訳は"Der kleine Nick")よりも、フィンランドのEllaシリーズのほうが断然おもしろいと思うのだが、翻訳がないので知る人はいないんだろう。英訳もないみたいだし。読んだのはもちろんドイツ語訳。

いつものようにepub版で。最近epub版がebook.deの新刊リストに入った。例のごとく日本のアマゾンにKindle版はない。Koboストアにもない。

すでに6冊か7冊でているはずだが、その第一巻目。

Timo Parvela: Ella in der Schule
Ella_in_der_schule

15000語

三話にわかれているので、一話5000語。5000語ぐらいの児童書が読めるなら、だいじょうぶなはず。

小学一年生のクラスと担任の先生のコメディ。
第一話
 先生の様子がおかしい! 手紙を読んではため息、なにか上の空。きっとあれは脅迫状にちがいない、と子供たち。きっとお金をゆすられているんだ、お金の引き渡しがあるにちがいない、そうとなれば、きっと場所は公園だ・・・
Pekkaが道化役というかボケ役というか、笑わせてくれる。最後も落語のオチみたいにPekkaが決めてくれる。

第二話
 クラスでクリスマスの劇をすることに。もちろん何の劇をするかなど、Ellaのクラスで決まるわけがない。で、先生が一方的にKrippenspiel(キリスト誕生の場面の劇)に決める。が、その前にクラスで劇を見に行く。「赤ずきん」。ここでもPekkaがやらかしてくれる。そして、本番の劇もどうなることやら・・・。

第三話
 クラスで旅行。バスに乗って博物館やら動物園やらに出かける。もちろん出かけた先では、いろんな騒動が起きる。子供たちのめちゃくちゃだけでなく、先生のやけくそぶりがまたおかしい。
レストランの場面のイラストが最高。


どんな感じにおかしいのかというと(伝わるのか?)、
小学一年生の教室。担任が旅行中で、代理の先生と生徒たち。算数。
先生:逆向きに数を数えられる人?
生徒A:できる!
先生:椅子を戻して、前を向きなさい。
生徒A:だって逆向きで数えるんでしょ?
で、「逆向きに数える」とは何かで騒然とするクラス。
後ろを向いている数人の生徒に向かって、
先生:「回れ右しなさい!」
先生の話をよく聞く生徒たちのこと、全員が回れ右。今度は前を向いていた生徒たちが後ろ向きに。先生、頭を抱える・・・。
そして担任の先生が予定より早く旅行から帰ってくる。いわく「早く帰ってきたら給料上げるって、校長先生が言うから。」

紙版はこちら→amazon.co.jp

|

« ドイツ語多読本:Andreas H. Schmachtl: Tilda Apfelkernシリーズ、続き | トップページ | ドイツ語多読本:ネイティブ子供向けの読書入門的な本:Duden Lesedetektive 2.Klasse »

kobo」カテゴリの記事

ドイツ語児童書」カテゴリの記事

ドイツ語多読」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/57246481

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語多読本:Timo Parvela: Ella in der Schule:

« ドイツ語多読本:Andreas H. Schmachtl: Tilda Apfelkernシリーズ、続き | トップページ | ドイツ語多読本:ネイティブ子供向けの読書入門的な本:Duden Lesedetektive 2.Klasse »