« ドイツ語多読本:Dagmar H. Mueller: Liona Lix - Wer will schon einen Drachen? | トップページ | Koboでフォントが変更できないときの対処 »

2013年3月15日 (金)

ドイツ語の電子書籍、朗読mp3、ダウンロード販売サイト

洋書を電子書籍で読もうと思う人はたいていKindleを使うだろう。日本のアマゾンにKindleストアができる以前から、アメリカのamazon.comからKindleのInternational版(?)を買って利用していた人も多いはず。それに、有志によるCFWをインストールしないと不具合に悩まされがちなKoboより、Kindleのほうが安心して使える。辞書も充実しているし(といっても独和を期待してもたぶん無理)。

でも、前にも書いたように、ドイツ語の電子書籍の品揃えは、日本のアマゾンもアメリカのアマゾンもあまりよくない。Koboストアもよくない。それはドイツ・アマゾンのKindleストアをちょっと見てみれば、すぐわかる。そして、日本からドイツ・アマゾンのKindleストアは利用できない。

だから、アマゾン以外で電子書籍を探すことになる。それがAdobe Digital Editions(ADE)のDRMがついたepub版の本(DRMなしのepubもある)。Koboストアで売っている洋書がこの形式の本なので、Koboは当然対応している。

というわけで、日米アマゾンで売っていない本でも、ドイツのストアでepub版を探せば、読める範囲は確実に広がる。

いつも使っているのはebook.de
電子書籍の他に、オーディオブック(mp3)のダウンロードもできるので、便利。買ったことはないが、紙の本なども日本に送ってくれるはず。送料などはドイツ・アマゾンのほうが安い。ただ、古本も扱っているので(アマゾンのように出品者ごとに送料をとるわけではない)、うまくすればいい買い物ができるかもしれな い。

電子書籍の販売サイトは他にもあって、問題は、どうも店によって扱っている本が違うということ。ebook.deで売っていなくても、他のサイトでは売っている本があったり、その逆もある。だから、欲しい本があったら、いくつかサイトをチェックしたほうがいいかもしれない。(値段はどこも同じ。ドイツの書籍は法律で価格は固定されているらしい。)

というわけで、ひとつサイトを紹介。mp3のオーディオブックもダウンロードできる。前に紹介したHueber社の読み物で、ebook.deにないものがここでは買える。

sofortwelten.de

試しにひとつ買ってみたので、日本からの購入が可能なことは確認済み。
Vプリカ使用もOK。
買い方の説明なんかはまたいつか。

ただ、19%の付加価値税は取られた。ebook.deでは取られないのに。19%は大きい。このあたりどうなっているのか、よくわからない。Vプリカのせい? Vプリカだと国籍が不明だとか?

|

« ドイツ語多読本:Dagmar H. Mueller: Liona Lix - Wer will schon einen Drachen? | トップページ | Koboでフォントが変更できないときの対処 »

kobo」カテゴリの記事

ドイツ語オーディオブック」カテゴリの記事

ドイツ語書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/56962194

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語の電子書籍、朗読mp3、ダウンロード販売サイト:

« ドイツ語多読本:Dagmar H. Mueller: Liona Lix - Wer will schon einen Drachen? | トップページ | Koboでフォントが変更できないときの対処 »