« ドイツ語多読本:Klaus Kordon: Paula Kussmaul lässt nicht locker | トップページ | ドイツ語多読本:Hueber社Leichte Literatur、古典編 »

2013年3月11日 (月)

ドイツ語多読本:Erwin Moserの絵本

Erwin Moserの絵本は、1ページに絵がひとつ、その下に文章が数行、となっているものが多く、文章はやさしく、絵を見ればまあ内容もわかるので、多読向き。

その中から、電子書籍版を。日本のアマゾンにはないので、例のごとくepub版で。4,99ユーロ、実質4,2ユーロくらい。

Wunderbare Bärenzeit
Wunderware_baerenzeit
673語。

1ページに絵がひとつ、その下に2、3行の文。それで完結。1ページごとに別の話だと思ってくれればいい。なので、本全体で一つのストーリーを展開しているというものではない。

だったら、何がおもしろいのかというと、文がReimになっている、つまり韻を踏んでいて、リズム、音の楽しさがあるので、子供も喜ぶという仕掛け。

がっつり物語を読むのはちょっと、という時には、さらりと読めるのでおすすめ。

紙版はこちら。amazon.co.jp

紙版と電子版では10ユーロ近く値段の差があるので、epub版が断然お得。カラーの絵本なので、PCかタブレットで読むのがいいでしょう。それから、DRMもついていないので、beam-ebooks.deでも売っている。


|

« ドイツ語多読本:Klaus Kordon: Paula Kussmaul lässt nicht locker | トップページ | ドイツ語多読本:Hueber社Leichte Literatur、古典編 »

ドイツ語多読」カテゴリの記事

ドイツ語絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/56935343

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語多読本:Erwin Moserの絵本:

« ドイツ語多読本:Klaus Kordon: Paula Kussmaul lässt nicht locker | トップページ | ドイツ語多読本:Hueber社Leichte Literatur、古典編 »