« ドイツ語多読本:Die fabelhaften Zauberfeen とか Tilda Apfelkern | トップページ | Kindle/Koboアクセサリー、国内のものが退屈だったら、Etsy? »

2013年2月22日 (金)

ドイツ語多読本:絵本といえど、テーマは重い2冊

1冊目。子供だって、身近なものたちの死に出会うこともある。

Ulf Nilsson / Anna-Clara Tidholm: Adieu, Herr Muffin


年老いたMuffinにお別れを。静かなお話。1000語程度。
ハードカバーの絵本をソフトカバーにして、手頃な値段にしているMinimaxという叢書(Beltz社)の一冊。

2冊目。次は氏の手前、つまり老い。年をとって分別も何も失っていくキツネの話。

Martin Baltscheit: Die Geschichte vom Fuchs, der den Verstand verlor


2011年Deutsche Jugendliteraturpreisの絵本部門受賞作。900語程度。
とにかくYoutubeで見てみよう。

|

« ドイツ語多読本:Die fabelhaften Zauberfeen とか Tilda Apfelkern | トップページ | Kindle/Koboアクセサリー、国内のものが退屈だったら、Etsy? »

ドイツ語多読」カテゴリの記事

ドイツ語絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/56818591

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語多読本:絵本といえど、テーマは重い2冊:

« ドイツ語多読本:Die fabelhaften Zauberfeen とか Tilda Apfelkern | トップページ | Kindle/Koboアクセサリー、国内のものが退屈だったら、Etsy? »