« ドイツ語の電子書籍を読みたい。Kindle、Koboとっちを選ぶ? 読める本の数ではKoboの勝利! | トップページ | Koboのモリサワ リュウミンは宝の持ち腐れ »

2013年2月12日 (火)

ドイツの電子書籍について

前回、amazon.co.jpのドイツ語電子書籍に品揃えに不満なら、ドイツのサイトからepubの本を買って読めばいい、という話をしたが、その続き。

買った本をKoboに転送するには、Adobe Digital Editionsというソフトが必要。Adobeのサイトへ行って、PCにダウンロード・インストールする。あとは指示に従って、Adobe IDを取得し、USBケーブルでKoboをPCにつないだら、「デバイスを承認するか」というようなメッセージが現れるので、当然、承認する。で、Koboに転送したい本をドラッグ&ドロップ。(Adobe Digital Editionsを介さずに、単に本をKoboにコピーしてもだめ。)

もちろんKoboのような専用端末がなくても、電子書籍は読める。PCならAdobe Digtal Editionsで読める。ebook.deでは、PC、Mac、IPhone/iPad、Androidそれぞれにアプリが用意されている。それで本の購入やデバイス間の同期も取れる。(Androidタブレットで確認した。残念なことに辞書はない。この点、辞書を無料で使えるようにしたamazonはすごい。)

それから、ドイツのサイトの価格表示。"inkl. MwSt."とあるのは「税込」みたいな意味。たしか「付加価値税」というもので、電子書籍の場合、税率は19%。で、日本から買うと、なぜか税がかからない。Webの表示価格より請求金額がいつも少なくて、なぜだろうと明細をよく見たら、税が課されていないのだった。
追記:2013.2.27の確認では、税込価格での購入になっていた。残念。
(追記:2013.3.5の確認。やはり税抜き価格で買えた。これまでずっと税抜き価格で買えていたので、2.27は何かの手違いだろうと推測)

ただ、ドイツの書籍は固定価格で、割引やバーゲンは期待できないようだ。

とはいっても、昔は洋書といえば、届くまで何週間も待ち、送料や書店に払う手数料がかかるものだった。電子書籍なら買ったらその場で読めるし、定価で買える、というか、ドイツ本国より税の分だけ安く手に入ったりする。専用端末の購入に8000円くらい払ったって、損した気分にはならない。

|

« ドイツ語の電子書籍を読みたい。Kindle、Koboとっちを選ぶ? 読める本の数ではKoboの勝利! | トップページ | Koboのモリサワ リュウミンは宝の持ち腐れ »

kobo」カテゴリの記事

ドイツ語書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592212/56754142

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツの電子書籍について:

« ドイツ語の電子書籍を読みたい。Kindle、Koboとっちを選ぶ? 読める本の数ではKoboの勝利! | トップページ | Koboのモリサワ リュウミンは宝の持ち腐れ »