2019年5月14日 (火)

Kobo: FW4.14.12777 アップデート

FWアップデート、4.14.12777だが、今のところ楽天(rakutenbooks)は日本では配布していないようだ。

◎ダウンロード
https://geek1011.github.io/KoboStuff/kobofirmware.html

ダウンロードしたzipファイルを解凍、その中身をすべて、PCにつないだkobo端末の.koboフォルダにコピー。USB接続解除、ケーブルを抜く。それで再起動してアップデートはおしまい。

◎更新内容
リリースノート
・複数のバグを修正しました。
・ポルトガル語におけるバグを修正しました。

○いつものdavidforさんによる補足
・検索結果でのシリーズ情報が、スクロール時に正しくアップデートされるようになった。
・アンカー付きのToCエントリーがあるepubのナビゲーション修正(kepubではない)。
・ToCに登録されていない内部ファイルを持つepubの検索修正(kepubではない)。

あと、機能追加として、
・ペアレンタル・コントロール(こちらを参照
Kobo eReader.confの[FeatureSettings] セクションで、 ParentalControls=true にする。すると、
「設定」 > 「アカウント」と進むと、「保護者による利用制限」という項目が現れる。そこで「ストア・ウェブ利用を制限」をオンにして、暗証番号(4桁)を設定。それで、ストア利用時に暗証番号が要求されるらしい。
必要性があるとも思えないが、紛失した端末を誰かに拾われて、勝手にストアで本を購入されるのは防げるのかも?

というわけで、基本epubの修正のようなので、和書(kepub)はあまり関係がないかもしれない。

◎パッチ
Instructions for patching firmware 4.14.12777

ランチャー
一応動作は確認した。
ただ、前のFW4.13.12638で、KFMonに不具合があるかもしれないので(アイコンの更新や新規追加で)、KFMonだけはアップデートしたほうがいいかもしれない。
個人的にはKFMonもランチャー本体も新しいものにアップデートして使っているが、あまり変化はないのでアップしていない。希望があればアップするが・・・。

koreader
こちらも大丈夫だろう。
2019.05版ではキーボードが改良されている。たとえばドイツ語だったらäöußなどの特殊文字の入力が楽になっている。文字入力で辞書を引くときに便利。だが、言語設定が日本語だとこの改良キーボードは使えないという・・・。英語以外の洋書を読むなら使える機能。

 

| | コメント (0)

«Kobo: koreader 2019.03/2019.04アップデート